ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【アニメ】「未来のミライ〔2018〕」ってなんだ?

ogp-img.png
【監督】細田守
【個人的評価】★★☆☆☆
 
【あらすじ】主人公 くんちゃん は、4歳の男の子。最近生まれた妹の みらいちゃん との4人家族。でも、おとうさんもおかあさんも、みらいちゃんのお世話や仕事で忙しいのです。そんなくんちゃんは、みらいちゃんにちょっと嫉妬します。自分の居場所がないと感じてしまったくんちゃんは、庭で奇妙な体験をします。
 

 

未来のミライ

未来のミライ

 

 
・アニメ映画として数々の名作を残してきた細田守監督の作品。 
 
・くんちゃんの視点で物語が描かれ、4歳児になった気持ちで観た方が良い作品です。
 
・序盤は、くんちゃんの嫉妬が描かれており、これはこれで、観ていてイライラします。0歳児は何もできないので、お兄ちゃんが手伝うというのがよいのですが、この部分は、甘えという見方で多少納得できるかとは思います。
 
・そこで未来のミライが登場ではありますが、非常にミニマムな世界で、くんちゃんの日常を描く不思議な映画という方向性で共感を持てそうになります。
 
・ですが、やはりそこは世界を広げる方向となるので、未来のミライという点で未来の話が繋がってきます。
 
・結果的にはくんちゃんが一つ大きくなるような気持ちの入れ替えの起こる映画です。そういう意味では4歳児の気持ちで見てもらうのが良いのかもしれません。
 
・いろいろとモヤモヤする点がありますが、いくつか理由があります。
 
・0歳児と4歳時の顔がどう見ても年齢相当の顔で描けていないいない点。こどもの顔の特徴は難しいのですが、特に絵で書く場合は更に難しくなります。そういった点では絵的に違和感を抱きつつ見続けることになります。
 
・「おおかみこどもの雨と雪」までは、貞本義行のキャラクターデザインが良かったのですが、ぱっと見は同じような絵柄に見えながらも、やはり微妙な違いがあるようです。
 
・それと、どう聞いても4歳時の声に聞こえない点もあります。
 
・鑑賞対象をどこにおいて作品を作ったのかはわかりませんが、今までの細田守映画では起こらなかった演出ミスが個人的にはこの映画の感情移入できなかった点です。
 
・大人向けに作っているような作品ではないのですが、映画館に観に来る対象は明らかに子供ではなく、かと言ってストーリーに共感できる対象は4歳時程度または、4歳時が身近にいる人となります。
 
・ということで、モヤモヤする要素ということを除いては、そこそこの映画ではあります。
 
 

未来のミライ

「未来のミライ」スペシャル・エディション [Blu-ray]

「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]

未来のミライ オリジナル・サウンドトラック

未来のミライ (角川文庫)