ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「竜とそばかすの姫〔2021〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20210716002705j:plain

【監督】細田守
【出演】中村佳穂/成田凌染谷将太玉城ティナ/幾田りら/森川智之津田健次郎小山茉美宮野真守/森山良子/清水ミチコ坂本冬美岩崎良美/中尾幸世/佐藤健

【あらすじ】過疎化の進む高知の田舎町が舞台。主人公 すずは、幼い頃に母親を亡くし、父と2人で暮らしている女子高生。全世界で50億人以上が集う仮想世界「U」で「ベル」というアバターで参加し始め、そこで、ベルは歌うことで注目をされていく。

 

ryu-to-sobakasu-no-hime.jp

 

細田守監督は、中学時代に劇場版『銀河鉄道999』や『ルパン三世 カリオストロの城』に影響を受け、アニメーターを目指し、スタジオジブリには採用されなかったものの、東映動画で原画や演出に携わり、1999年『劇場版デジモンアドベンチャー』で監督に抜擢され、2000年『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』で高い評価を得ています。その後、2005年『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を制作し、フリーの演出家となります。2006年『時をかける少女』2009年『サマーウォーズ』を制作し、ヒットを飛ばしています。その後は、スタジオ地図を設立し、コンスタントな映画製作に取り組んでいます。

・中村佳穂は、20歳より本格的な音楽活動を始め、京都を中心に音楽活動をしています。2014年自主制作映画「家路 On The Way Home」で主題歌等を担当し、2021年『竜とそばかすの姫』では、主人公の声と劇中歌を担当しています。

成田凌は、『MEN'S NON-NO』のモデルとして活躍以後、TVや映画でも出演するようになり、若手として着実なキャリアを積んでいます。

染谷将太は、子役から役者としてデビューしており、映画を主軸として役者をしています。なお、2015年1月1日に菊地凛子と結婚しています。

細田守監督による長編オリジナル作品第6作となります。

・第74回カンヌ国際映画祭で「カンヌ・プルミエール」部門にてワールドプレミア上映されています。

・物語は、主人公の女子高生が現実の世界で心を閉ざしてしまい、仮想世界でアバターを通じて他人と接して行くことで、自分自身を見つめ直していくストーリーです。

・内容だけをさらっと見ると、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』『サマーウォーズ』と同様のあらすじのようにも見えますが、もともと、そういう意図された作品ではあります。

・予告編を観ると、過去の細田守監督作品の名場面を散りばめたようなところもあり、集大成的な作品なのかもしれません。

細田守作品といえば、一時期、貞本義行がキャラクターデザインをしていましたが、本作では関わっていないので、キャラクターの好みが出るところではあります。

・2015年「バケモノの子」からは、細田監督は脚本も手掛けるようになったので、多少、脚本の力がトーンダウンしたようなきもしており、本作も、脚本は監督自身なので、多少気にかかるところではあります。

・とはいえ、悲惨な程の完成度の作品はまったくなく、安心して期待できる監督の作品ではあります。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp