ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「覚悟はいいかそこの女子。〔2018〕」ってなんだ?

10021582_h_pc_l.jpg
【監督】井口昇
【原作】椎葉ナナ
【個人的評価】★★★☆☆
 
【あらすじ】主人公は、イケメンではあるけれど、恋愛経験ゼロのヘタレ男子「古谷斗和 」。女の子からチヤホヤされる割には「観賞用男子」として周囲から見られていたため、本物の彼女をつくるため学年一の人気者・三輪美苑にアタックする。
 

 

 


 
椎葉ナナ原作の同名コミックを「きょうのキラ君」の中川大志主演で実写映画化
 
井口昇監督は、「片腕マシンガール」をはじめ基本的には異色アクション映画を制作している監督で、本作はその要素はあまり感じられません。
 
・ざっくり言えば、王道なラブコメディ映画。
 
・とはいえ、設定自体にはかなり無理な点もあり感情移入がしにくい点もあります。
 
・コメディ要素を含めながら、展開する物語なので、ファンタジーと思うと理解しやすいところもありますが、中盤に判明する「借金」という要素に現実と架空の区分けが曖昧に見えてきます。
 
中川大志はイケメンではあるのですが、きちんと三枚目も意識している点は、コメディとして上々。
 
唐田えりかは、「寝ても覚めても」の印象と比べると本作ではクールな女子ではありますが、大きな違いはわかりにくいですが、明らかに異なるキャラクターであり、演技の幅を感じます。
 
・全体的な展開は、結末に行き着くための要素であり、王道な展開なので、観ていて不安になったり説明が足りなかったりはしませんので、気軽に観られる映画です。
 
 

第1話 打倒・斗和な男子。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』

映画「覚悟はいいかそこの女子。」 [DVD]

覚悟はいいかそこの女子。 1 (マーガレットコミックス)

覚悟はいいかそこの女子。 分冊版 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)