ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「ナラタージュ〔2017〕」ってなんだ?

narata-ju-1024x497-e1508211614106.jpg
【監督】行定勲
【原作】島本理生
【出演】松本潤有村架純/坂口健太郎
【個人的評価】★★★☆☆
 
【あらすじ】主人公 工藤泉は、大学2回生の学生。高校時代に所属していた演劇部の顧問 葉山から、卒業公演の参加依頼がくる。高校時代に想いを寄せていた葉山に工藤の心が揺れ動く。
 

 

ナラタージュ DVD 豪華版

ナラタージュ DVD 豪華版

 

 

 
・この恋愛小説がすごい! 2006年版で第1位の作品。
 
・高校教師と元生徒による純愛物語。
 
行定勲監督は、もともとは、岩井俊二監督の助監督を努め、「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」「リバーズ・エッジ」と多彩で安定感のある作品を手がけています。
 
松本潤有村架純、坂口健太郎と個人的にはツボな感じの役者が揃っていて、監督も行定勲監督ということで、安心感があるような印象ですが、なにか食い合わせの悪かった印象があります。
 
・ラブストーリーの要素がありながらも、主人公を中心として誰もが人の顔色をうかがっている印象があり、どうも受身的な映画な気がします。
 
・監督自身も受け身なのかなあぁと思わせる点もあり、モヤモヤします。
 
・「ナラタージュ」とは、映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法となります。
 
・そういう題名だからこそ、登場人物の多くが過去のしがらみにとらわれていて、どうも前に進んでいない印象が強いのかと思います。
 
・「ビリギャル」での印象とは異なる有村架純像であり、「有村架純ってこんなんだよね〜。」という落とし所にもどこか受け身な印象があります。
 
・受け身というか、自己反芻のしすぎの思い込みから生まれるめんどくさいラブストーリーと解釈もでき、その点にもやもやするところなのかもしれません。
 
有村架純はかわいいので、プロモーションビデオとして観るのが良いのかもしれませんが、もうちょっとセメた要素があっても良かったのかもしれません。
 
有村架純の濡れ場シーンがあるということですが、そういう意味でのセメた要素は必要ないんだよなぁと思います。
 
 

ナラタージュ DVD 通常版

ナラタージュ (角川文庫)

ナラタージュ Blu-ray 豪華版

ナラタージュ DVD 豪華版

ナラタージュ

映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】

有村架純写真集「Clear」

【映画パンフレット】 ナラタージュ 

ナラタージュレターセット入りクリアポケット 松本潤 有村架純