ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「私をくいとめて〔2020〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20210402215529j:plain




【監督】大九明子
【原作】綿谷りさ
【出演】のん/林遣都臼田あさ美若林拓也片桐はいり橋本愛
【個人的評価】★★★★☆

 

【あらすじ】主人公 黒田みつ子は、一人でのライフスタイルになれた31歳の女性。彼女が一人での生活を満喫しているのは、脳内に「相談役A」がおり、その「A」がいつも正しい選択をしてくれることになります。ある日、取引先の年下の営業マン 多田くんに恋をしてしまう。

 

 

私をくいとめて

私をくいとめて

  • メディア: Prime Video
 

 

 

・監督の大九明子は、タレントや女優として活動後、『意外と死なない』(1999年)で映画監督デビューをしています。「勝手にふるえてろ」なども手掛けた監督で、一癖ある演出が特長の監督です。

・のんは、2006年第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得し、以降2010年まで専属モデルとして活躍しています、2010年「告白」で映画デビューをし、CMやドラマで活躍しています。2013年NHK連続テレビ小説あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じて話題となるも、2015年に事務所独立騒動のために休業状態となり、芸名を能年玲奈から「のん」と変え、芸能活動を再開し、2016年「この世界の片隅に」で主人公の声優を演じて話題となっています。

林遣都は、2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビューし、以降、映画出演が続いています。

・物語は、主人公の独身女性の脳内にいる「A」が正しい選択をくれることで、一人暮らしを満喫していたが、ある日取引先の営業マンに恋をしてしまい、そのことで繰り広げられるラブコメディです。

・序盤は、主人公 みつ子の一人暮らしの中での孤独の生活と、その「相談役A」のストーリーで進みます。

・公式サイトにはみつ子の部屋のインテリアを紹介しているところがあり、様々なおしゃれな家具や小物が紹介されています。

・「なんてこった」

・「ずうずうしいことこの上ないのですが。」

・のんは身長が164cmあり、女性としてはちょっと大きい方かなぁと思うのですが、童顔というところで、なんとなく小さいようにも思えるのですが、要所要所、背が高いなぁと思うところがあります。

・思えば、首が長いような気がするので、スラッとしているのかと思います。

・おひとりさまとしての生活が居心地の良いようなみつ子なので、「相談役A」と対話をしながら物語が進みます。

・「でも、やっぱり一人落ち着くんですょ」

・「誰かといるためには努力がひつようなの。」

・多田くんとの距離が近づきそうで近づかないような微妙な関係性が中盤までの面白いところに思えます。

・劇中歌は大滝詠一の名曲「君は天然色」となっており、要所要所大滝詠一の曲がかかりますが、この趣味は、監督の趣味だとは思いますが、みつ子のキャラクターにもマッチしているような気がします。

・ローマで暮らす親友に会いに行くことになりますが、その親友が橋本愛でもあり、あまちゃんのとき以来の共演かと思われます。

・とはいえ、このイタリア旅行の流れは妙に意図が読めず、ストーリー上の意味合いがよくわかりません。

・多分、多田くんとの距離が離れることで、そのつながりを違う視点で伝えようとしているのかと思います。

・帰国してからのみつ子も楽しそうなところがあり、この振る舞いや雰囲気は観ていてなにか特別な感じがします。

・「大丈夫、ずっと話をして気をそらせてあげるから」

・終盤ののんとAとの対話のシーンはとても意味深なところもあり、その上での人を受け入れていくというところが、本作の重要なところなのかと思います。

・多少、間延び感がしないことはないのですが、のんの魅力が十分に詰まっているので、そこに魅力を感じればよいのかと思います。でもやっぱりちょっと作品の時間の133分は長いです。

・のんの着ている服がいちいちかわいいところもあり、のんのプロモーションビデオとも思える作品ですが、そのくらいの割り切りで観てもよい作品かと思います。

 

 

www.youtube.com

 

私をくいとめて [DVD]

私をくいとめて [DVD]

  • 発売日: 2021/04/14
  • メディア: DVD
 

 

 

私をくいとめて (朝日文庫)

私をくいとめて (朝日文庫)