ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「私をくいとめて〔2020〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20201217220751j:plain


【監督】大九明子
【原作】綿谷りさ
【出演】のん/林遣都臼田あさ美若林拓也片桐はいり橋本愛

【あらすじ】主人公 黒田みつ子は、一人でのライフスタイルになれた31歳の女性。彼女が一人での生活を満喫しているのは、脳内に「相談役A」がおり、その「A」がいつも正しい選択をしてくれることになります。ある日、取引先の年下の営業マン 多田くんに恋をしてしまう。

 

kuitomete.jp

 

・監督の大九明子は、タレントや女優として活動後、『意外と死なない』(1999年)で映画監督デビューをしています。「勝手にふるえてろ」なども手掛けた監督で、一癖ある演出が特長の監督です。

・のんは、2006年第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得し、以降2010年まで専属モデルとして活躍しています、2010年「告白」で映画デビューをし、CMやドラマで活躍しています。2013年NHK連続テレビ小説あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じて話題となるも、2015年に事務所独立騒動のために休業状態となり、芸名を能年玲奈から「のん」と変え、芸能活動を再開し、2016年「この世界の片隅に」で主人公の声優を演じて話題となっています。

林遣都は、2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビューし、以降、映画出演が続いています。

・物語は、主人公の独身女性の脳内にいる「A」が正しい選択をくれることで、一人暮らしを満喫していたが、ある日取引先の営業マンに恋をしてしまい、そのことで繰り広げられるラブコメディです。

・のん自身は、芸名を変えてから、4作目の映画となり、2019年2020年で4作品に出演していることになります。

・原作は、史上最年少で芥川龍之介賞を受賞した「綿矢りさ」となり、2017年に刊行されています。

橋本愛も出演しており、「あまちゃん」以来7年ぶりの共演となります。

林遣都が相手役ではありますが、一癖ある俳優なので、一味違うコメディ感を醸し出してくれると思います。

・劇中歌は、大滝詠一「恋は天然色」となっています。大滝詠一の名曲でもあり、前奏の入り方がとても好きな曲です。

・監督と原作、主演が一癖あるような印象ですが、予告編では、気楽に鑑賞できそうなコメディ感もあり、期待したい作品です。

 


映画『私をくいとめて』本予告 〈12月18日全国ロードショー〉

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp