ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「色即ぜねれいしょん〔2009〕」ってなんだ?

20090801_800170.jpg

 

 
【監督】田口トモロヲ
【出演】渡辺大知/峯田和伸岸田繁
【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】主人公は、高校一年生の乾純。ヤンキーや体育会系の学校の中で、文化系の趣味だったので、あまり馴染めずにいたが、友人からら隠岐島への旅行を持ちかけられる。そこはフリーセックス主義者の集まる島だと聞かされる。

 

 


田口トモロヲ監督としての第2作目。
 
・個人的には、勢いと破綻があるように見えて、とんでもなくきっちりと映画を仕上げてくるところに、田口トモロヲ監督映画の良さがあると思います。
 
・キャッチコピーは「青春は、モヤモヤするほど、ドキドキする。」
 
・ひと夏の旅行体験記というような本作で、いわゆるちょっとエッチな年頃の妄想を描いた性春映画。
 
・出演は、黒猫チェルシーのボーカルの渡辺大知。
 
・その他にも、峯田和伸岸田繁といったミュージシャンが出演しており、音楽に関しては一癖も二癖もある内容です。
 
・青春を性春と書きたくなるほど、物語のベースは青臭い妄想と誰しもが不思議に思ったことのある思春期の悩み。
 
・というのも、原作は「みうらじゅん」の自伝的小説がベースになっています。
 
・1974年が舞台ともなっているため、昭和世代の人には理解できるのかとは思いますが、やはり令和時代の人には時代錯誤なのかもしれません。
 
・とはいえ、使っている機器は違えど、音楽、恋愛、と青春の興味の対象はいつの時代も変わらないものだと思えば、何ら問題のない内容かもしれません。
 
・恋愛や趣味よりも他のことに興味を抱いてしまう青春はつまらないもので、日常とは異なる地で得られる新しい世界との関わりは、まさしくひと夏の経験と考えて良いのかと思います。
 
・草食系男子と言われる昨今ではありますが、主人公はそもそも文化系仏教男子なので、そのあたりも、今見て違和感はそう感じないのかもしれません。
 
・ちょっと時代背景を考慮してみなければならないところはありますが、根底にある性春要素は、よくできた内容かと思います。
 


映画『色即ぜねれいしょん』予告編!!


 

色即ぜねれいしょん

色即ぜねれいしょん [DVD]

アイデン & ティティ [DVD]

横道世之介

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

色即ぜねれいしょん

色即ぜねれいしょん 2 (ヤングチャンピオンコミックス)

アイデン&ティティ

色即ぜねれいしょん オリジナル・サウンドトラック

みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー 12 11 [DVD]

クイック・ジャパン84