ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【人物】「くるり」ってなんだ?

8.jpg
岸田繁 (vocal.guitar)/佐藤征史(bass)/大村達身 (guitar)の3人組バンド(2006年現在)
・何度かメンバーが入れ替わっているが岸田/佐藤は初期メンバーからかわっていない。
くるりを通り過ぎていった男たちは「森信行」「クリストファーマグワイア」が居る。
・vocalの岸田のメガネ電車マニアに親近感を感じる。
・名曲が多い。「ハイウェイ」が個人的に一番好きかもしれない。
・アルバムではファンからあまり好かれていない「THE WORLD IS MINE」が一番好きである。「THE WORLD IS MINE」の曲の並び方と構成に感涙。激しい曲調にメロウでウィットな歌詞の組み合わせは絶妙だ。
・なかなか使いにくい日本語が地味に使われているところも魅力だ。
・「クリストファーマグワイア」には「くるり」独特のワビサビには向かなかったと加入当初から思っていた。が、シングル「ロックンロール」のジャケットのアンバランスなメンバーのイデタチがツボだ。
・ライブで佐藤の弾くベースの心地よさ加減でベースの魅力を非常に感じた。
・「THE WORLD IS MINE」以降の生音重視に戻っていった状況に『?』が浮かんで以来興味が薄れた。岸田のマイブームが「くるり」の曲に反映されている訳で。
・インディーズ版「もしもし」を聞くとこれ以外の「東京」と「虹」はもう聞けない。
・「ハイウェイ」もいいがシングルのみの「春風」も捨てがたい。

くるりの20回転(初回限定盤)<CD3枚組 デジパック仕様 豪華・特典ブックレット スリーブケース>

ベスト オブ くるり/TOWER OF MUSIC LOVER2

くるくる横丁(Blu-ray)