ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム〔2022〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20220107053526j:plain

【監督】ジョン・ワッツ 
【出演】トム・ホランドゼンデイヤベネディクト・カンバーバッチジョン・ファヴロー/ジェイコブ・バタロン/マリサ・トメイウィレム・デフォー/アルフレッド・モリーナ/ジェイミー・フォックストーマス・ヘイデン・チャーチリス・エヴァンス

【あらすじ】主人公 ピーターは、前作でミステリオを倒すが、そのことでミステリオ殺害の容疑がかけられてしまいます。スパイダーマンの正体も暴かれてしまい、行き場を失ってしまう。その窮地から脱するために、ドクター・ストレンジを訪ね、スパイダーマンが知られていない世界にしてほしいと頼む。

 

www.spiderman-movie.jp

 

ジョン・ワッツ監督は、『エド・ウッド』に感銘を受け、映画製作を始めています。2014年『クラウン』で長編映画監督デビューをし、2017年「スパイダーマン:ホームカミング」2019年「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を制作し、2021年「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」で3作連続でスパイダーマンシリーズを手掛けています。

トム・ホランドは、イギリスの俳優で、2015年『マーベル・シネマティック・ユニバース (MCU)』でのスパイダーマン役に抜擢され注目されています。秘密を隠すことが苦手らしく、「アベンジャーズ」でのインタビュー時にネタバレしそうになったことが何度もあったようです。

・2017年『スパイダーマン:ホームカミング』2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に次ぐシリーズ3作目であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の27作目です。

ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジが登場しています。

・物語は、前作の宿敵 ミステリオを倒したことで、スパイダーマンの正体が暴かれ、そのことで行き場をなくした主人公は、スパイダーマンを世間が知らない世界に変えるように、ドクター・ストレンジの力を借りる事となるストーリーです。

・キャッチコピーは、「全ての運命が集結する」

・2017年『スパイダーマン:ホームカミング』2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と続いてきたスパイダーマンシリーズの三部作完結編となっています。

マルチバースというキーワードが示すとおり、ざっくりと多くの世界線から一つのユニバースにやってくることで、過去に戦った宿敵と対峙してしまうことになるようです。

・当然ですが、2017年『スパイダーマン:ホームカミング』2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を観ておくほうがかなり楽しめる作品かと思います。

・アニメ作品「スパイダーマン:スパイダーバース」のようなちょっとヒトクセある展開になっているようにも思います。

・他のマーベルキャラクターが登場することもあり、MCUの醍醐味感を感じられる構成でもあると思います。

・なお、アメリカでの初週末3日間のオープニング興収は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に次ぐ2位となっているので、注目度の高い完結編とも言えます。

 

www.youtube.com

・個人的に勝手に思う関連作品

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp