ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「スパイダーマン: ホームカミング〔2017〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20220118220232j:plain



【監督】ジョン・ワッツ
【出演】トム・ホランドマイケル・キートンジョン・ファヴロー/ジェイコブ・バタロン/ローラ・ハリアーゼンデイヤドナルド・グローヴァー/タイン・デイリー/マリサ・トメイロバート・ダウニー・Jr
【個人的評価】★★★☆☆

【あらすじ】主人公 ピーター・パーカーは、アベンジャーズ同士の戦いに参加もし、そのことがあり、トニー・スタークから特製スーツをもらい、スパイダーマンとして活躍をする。

 

 

 

 

ジョン・ワッツ監督は、2014年「クラウン」で初監督をし、その後、2017年「スパイダーマン: ホームカミング」以降、新生スパイダーマンシリーズを監督し続けています。

トム・ホランドは、イギリスの俳優で、2015年『マーベル・シネマティック・ユニバース (MCU)』でのスパイダーマン役に抜擢され注目されています。秘密を隠すことが苦手らしく、「アベンジャーズ」でのインタビュー時にネタバレしそうになったことが何度もあったようです。

・本作は、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の第16作目です。

スパイダーマンとしては、2回目のリブート作品となります。

・2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、スパイダーマンがちょい役で登場しています。

・題名の「ホームカミング」は、学校で行われるパーティの題名と、スパイダーマンMCUで制作されるという意味が込められています。

・物語は、アベンジャーズとして戦いに参加し、その後、ピーター・パーカーがスパイダーマンとして活躍を開始するストーリーです。

・序盤にアイアンマン役のトニー・スタークが登場し、スパイダーマンの手助けをしています。

・すでにアベンジャーズやアイアンマンが存在している世界観でもあるので、MCU(「マーベル・シネマティック・ユニバース」)としては、世界観を理解しやすいのかと思います。

・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の間に公開されていることもあり、アベンジャーズの正式参戦は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からとなっています。

・「ハグじゃない、ドアを開けてる」

ヴィラン役としては、マイケル・キートンが演じており、過去にバットマンを演じていたことがありますが、バットマンは、DCコミックのヒーローなので、MCUとは関連がありません。

・戦い自体はかなりの運動神経でもあり、このあたりは、マーベルヒーローところで考えれば、特段謎でもありません。

・むしろ、アイアンマン以上に薄着でもありながら、急激な動きも取れるの、スパイダーマンのほうが強さを感じます。

・主人公が高校生というところは、意外と印象がよく、まだまだ強さの風格がちょっと足りないという印象なので、スパイダーマンの立ち位置がよくわかります。

アベンジャーズでの立ち位置と本作の活躍を比較しやすいかと思います。

・アイアンマンがチョットおせっかい的なところもありますが、登場人物の厚みと理解のしやすさを考えれば、このくらいのほうが、リスタート1作目としてよかったのかと思います。

・続編ありきの観方をするのがよいので、続けて、2作目、3作目と観ていくのが良いです。

 

www.youtube.com