ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「ポエトリーエンジェル〔2017〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211228235355j:plain



【監督】飯塚俊光 
【出演】岡山天音/武田玲奈/鶴見辰吾/美保純/角田晃広山田真歩/芹澤興人/山﨑賢人/下條アトム/小川あん/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 玉置勤は妄想癖がある梅農家の青年。ある日、声と言葉のスポーツ「詩のボクシング」を知り、その活動に参加する。

 

 

ポエトリーエンジェル

ポエトリーエンジェル

  • 飯塚俊光
  • 日本映画
  • ¥2037

 

 

・飯塚俊光監督は、2012年に伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞に脚本を応募し大賞を受賞し、2013年『独裁者、古賀。』で評価を得て、2015年に劇場公開がされています。2017年「ポエトリーエンジェル」で長編映画監督デビューをし、活動の幅を広げている監督です。

岡山天音は、2009年に芸能界入りをし、テレビや映画に出演するようになります。2017年『ポエトリーエンジェル』で主演をし、第32回高崎映画祭 最優秀新人男優賞を受賞しています。

・武田玲奈は、2013年オーディションに合格し、popteenのモデルとして活動を始め、2015年「暗殺教室」で映画デビューをしています。モデルや俳優としてキャリアを重ねている女優です。

・物語は、妄想癖のある農家の青年で、ある日、「詩のボクシング」のことを知り、その活動に参加する。

・主役の岡山天音は、こういう役にハマり役なところもあり農家に青年というところと、ちょっと内向的というところは観ている人に共感を得やすいのかもしれません。

・主人公視点でもありますが、「詩のボクシング」という場所を通じて、さまざまな人の視点もみられます。

・本作は2017年の作品でもあり、その後2020年では、躍るということで、村おこしをする「踊ってミタ」という作品もあります。

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

・共に武田玲奈が出演しており、岡山天音と武田玲奈のそれぞれの存在感はこの時点で芽生えているとも思えます。

・「詩のボクシング」ということで、言葉による問いかけというか、自己主張というところでもあり、詩の発表をしているところでは、それぞれのキャラクターの持ち味で成り立っているところでもあります。

・途中から浪曲のように変わっていく詩の朗読になるのはちょっと面白いです。

・内容によっては詩とは言えないような気もしますが、結局のところ伝えたいことが伝われば良いのかと思います。

岡山天音と武田玲奈の好演もありますが、そのほかのキャラクターも魅力があり、地味な展開でもありますが、「魂の叫び」という垂れ幕があるように、訴えかけてくるものがあります。

 

www.youtube.com