ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「幕が下りたら会いましょう〔2021〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20211125220307j:plain



【監督】前田聖来
【出演】松井玲奈筧美和子しゅはまはるみ/日高七海/江野沢愛美/木口健太/大塚萌香/目次立樹/安倍乙/亀田侑樹/山中志歩/田中爽一郎/hibiki(lol -エルオーエル-)/篠原悠伸/大高洋子/里内伽奈/濱田のり子藤田秀世出口亜梨沙丘みどり袴田吉彦

【あらすじ】主人公 麻奈美は、売れない劇団「劇団50%」を主宰しながら実家の美容室を手伝っている女性。ある日、東京で働く妹が亡くなったと知らせが入り、突然の死に動揺する。

 

makuai-movie.com

 

前田聖来監督は、2008年『わたしが子どもだったころ』でテレビ出演をし、以降2016年頃まで女優やタレントとして活動をしています。大学進学後から自主映画制作を始め、2016年『朝にかえる』で関西学生映画祭に入選しています。2018年「いつか輝いていた彼女は」で長編映画監督デビューをしてます。

松井玲奈は、2008年にSKE48に加入をし、2010年『マジすか学園』でテレビドラマ初出演をしています。その後、2010年『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では、11位となり選抜メンバーに選ばれています。2014年には乃木坂46との兼任を始め、2015年に兼任を解除後、SKE48も卒業『朝にかえる』をしています。2014年「gift」で映画初出演をし、遠藤憲一とのW主演をしています。2021年「幕が下りたら会いましょう」で単独主演をしています。

・主題歌は、JamFlavor 「CRY〜戻りたい夜を〜」です。

・物語は、売れない劇団をしゅさいしながら生活する女性を主人公に、ある日、妹の訃報の連絡が入る。不器用ながらも生活する女性を描いたストーリーです。

松井玲奈単独主演の映画となり、独特な存在感のある彼女として、魅力ある内容かと思います。

・家族との関係と妹の死というちょっと重たいテーマではありますが、しっかりとメッセージ性のある作品に思えます。

松井玲奈自身は、「ゾッキ」でかなり独特な役をこなし、個人的にですが、もう彼女にはあの役の印象しかない位強烈なイメージを持っています。

・とはいえ、今回は普通の女性としての作品ではありますので、なにか心に訴えかける要素があるのかと思います。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp