ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「あいが、そいで、こい〔2018〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211121223905j:plain



【監督】柴田啓佑 
【出演】小川あん/高橋雄祐/長部努/古川ヒロシ/廣瀬祐樹/中垣内彩加/ 山田雅人
【個人的評価】★★★☆☆

【あらすじ】主人公 萩尾亮は、海辺の田舎町に住む高校生。同級生の学、小杉、堀田とともに高校最後の夏休みを過ごす。そこでイルカの調教師を目指して台湾から来た留学生のリンと出会う。

 

 

 

 

・柴田啓佑監督は、2014年『ひとまずすすめ』で高い評価を得て、2015年に劇場公開しています。2016年『運命のタネ』でも評判となり、コンスタントに作品を送り出しています。

・高橋雄祐は、2016年『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画デビューをしています。その後、2018年『あいが、そいで、こい』で映画初主演をし、映像制作にも関わっています。

・小川あんは、スカウトされ、ストリートダンス美少女として中学生アイドルとして活躍しています。その後、2014年『パズル』で映画初出演をし、テレビドラマや映画で活躍しています。

・物語は、高校の夏休みでの出来事を描いた内容です。

・「あいが、そいで、こい」というのは、本作の舞台でもある和歌山県の方言で、「あれが、それで、これ」という意味となります。

・序盤は、社会人になった亮が高校時代を回想する展開で、物語が始まります。

・イルカの調教師として台湾から来た留学生と出会うわけですが、主人公がもうちょっと主人公ぽい感じが欲しかったような気もしますが、観ているうちにだんだん感情移入できるようなところが、そのポイントでもあります。

和歌山県の田舎町という設定で、時代設定も2001年ということもあり、どこかしら昭和感のある感じがします。

・高校生の仲間との日々とそこに来た留学生の話が展開していくわけで、なんというか、学生時代の夏休みって、こんな感じだったよなぁと思わせる感があります。

・高校時代と現代とが多少前後しながら描かれますが、登場人物が限られているので、だいたいわかります。

・留学生のリンの事情があり、そのことが中盤で描かれていきます。

・そのことがから、亮とリンの関係が近づいていきますが、この距離感がなんとも言えない感じがあります。

・「ここに来た理由はなんや?」

・「ルールはルールや」

・「今の亮、おもんな、おもんな、おもんな」

・終盤の展開は、シレッと肩透かしながらも、さっぱり描いているところでもあり、甘酸っぱいというのはこういうことだよなぁとも思うところがあります。

・115分の内容ではありますが、適度な長さであり、この夏の感覚が良いなぁとは思う作品です。

 

www.youtube.com