ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「デイアンドナイト〔2019〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210705230602j:plain



【監督】藤井道人
【原案】阿部進之介
【出演】阿部進之介安藤政信/清原果耶/小西真奈美佐津川愛美深水元基/藤本涼/笠松将/池端レイナ/山中崇淵上泰史渡辺裕之室井滋田中哲司
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 明石幸次は父が自殺したことで、実家に戻ってくる。大手企業の内部告発のために自殺した父は、その影響で、一家崩壊のような状況となっていた。

 

 

 

 

藤井道人監督は、映画演出を学び、複数の短編映画を監督した後、伊坂幸太郎原作「オー!ファーザー」で長編デビューしています。2019年「新聞記者」で、日本アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞し、高い評価のある監督です。

阿部進之介は、2003年『仮面ライダー555』でデビューをし、その後、2003年「ラヴァーズ・キス」で映画初出演をしています。テレビや映画で活躍し、2019年『デイアンドナイト』では、長編映画初主演隣、企画と原案も携わっています。

山田孝之がプロデューサーとなっており「善悪問題」をテーマに考えた作品となっています。

・物語は、主人公の父親が自殺したことで、故郷に戻ってくるが、父親の自殺理由が影響で、一家は崩壊しかかっていたが、児童養護施設のオーナーに出会い、次第に影響を受けていくストーリーです。

・自動車メーカーの隠蔽問題が描かれ、そういった点では、「空飛ぶタイヤ」のような印象も受けますが、実際ものがたりの本質はそういう点ではなく、「善と悪」の関係を説いた内容です。

・また、わかりやすさという点では、「空飛ぶタイヤ」は水戸黄門的な明快さがあり、善悪を問われると、そこに明確な回答は用意されてはいます。

・タイトルの「デイアンドナイト」からも、その点がわかるようになっており、善と悪、正義とはなど、テーマがしっかりとしています。

山田孝之プロデュースではありますが、かなりシリアスな内容であり、「勇者ヨシヒコ」のテイストで考えてはいけません。

・自殺してしまった父親の理由とその大義を考えると、その正義がどこにあるのかというのは、どこにも正義はあり、悪もまたどこにもあるということではあります。

・「善と悪は、どこからやってくるのか?」

・物語は、骨太であり、映像も重みがあるために、ちょっとしんどい印象もありますが、たまにはこういう作品も良いのではと思います。

 

www.youtube.com