ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【ゲーム】「MOTHER」ってなんだ?

244252.png
糸井重里が送るRPGゲーム。
・現在「MOTHER1」(ファミコン)「MOTHER2ギーグの逆襲」(スーパーファミコン)「MOTHER1+2」(ゲームボーイアドバンス)が発売されている。
・「MOTHER3」はいろいろいわくがあり、「キマイラの森」「奇怪生物の森」「豚王の最期」と副題が何度か代わり、ついには開発中止になった。
・んでもってついに、2006年4月20日に「MOTHER3」発売決定。
アメリカを舞台にした現代冒険RPG
・映画「スタンドバイミー」や「未知との遭遇」を彷彿させる感じ
・「MOTHER1」の時のキャッチコピーは「エンディングまで泣くんじゃない」
・「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「ウィザードリィ」「ウルティマ」のような中世世界を描いた作品の多いRPGに一石を投じた。
・敵や仲間はゲーム中で「死ぬ」ことは基本的にない。
・お金は敵を倒して得るのではなく、「パパ」が銀行に振り込んでくれる
・apeが作った攻略本も今までの掟を破る「街のガイドブック」的な構成。
・「MOTHER1」はちょっと操作性が面倒だけど、「MOTHER2」は寝る時間を削ってでもやるのをおすすめする。
・突然の「どせいさんフォント」に度肝を抜かれた。
・ゲーム業界にはこういった畑違いの人の作るゲームの風を入れると良いのかもしれない。

MOTHER 1 2

MOTHER

MOTHER3

MOTHER(マザー)―The Original Story (新潮文庫)

マザー百科 (ワンダーライフスペシャル)