ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「アオラレ〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211019214452j:plain



【監督】デリック・ボルテ
【出演】ラッセル・クロウ/ジミ・シンプソン/カレン・ピストリウス/ガブリエル・ベイトマン/アン・レイトン/マイケル・パパジョン/ルーシー・ファウスト/オースティン・P・マッケンジー/シルビア・グレース・クリム/グレゴリー・ホーブソン/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 レイチェルは、一人息子を持つ美容師。ある日、息子を学校に送る際に信号で前になかなか進まない自動車にクラクションを鳴らすが、そのことが原因で、執拗においかけられることになる。

 

 

 

 

・ダデリック・ボルテ監督は、アメリカの映画監督で、2009年「幸せがおカネで買えるワケ」で長編映画デビューをしています。

ラッセル・クロウは、ニュージーランド生まれの俳優で、オーストラリアに移住後、6歳からドラマに出演をしています。その後、1990年『ザ・クロッシング』で映画初主演でデビューをし、1995年『クイック&デッド』でハリウッドデビューをしています。1999年『インサイダー』で評価され、2000年『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を受賞しています。2014年「ディバイナー 戦禍に光を求めて」で映画監督デビューもしており、多彩な才能のある俳優です。

・物語は、些細なことがきっかけで前の車にクラクションを鳴らしてしまうが、そのことが原因で、執拗にアオラれてしまうストーリーです。

・序盤から、とある男が他人の家に襲撃をし、問題を起こすシーンから始まります。

・危険な運転やあおり運転の問題がタイトルバック内で描かれ、日本でも問題となっているアオリ運転問題が描かれ、本作の題名の「Unhinged」が表示されます。

・Unhingedとは、「〔精神的に〕不安定な、気の動転した、動揺した、錯乱した」という意味があり、本作のテーマとなっています。

・ガソリンスタンドで、ガソリンの注入ノズルを挿しっぱなしで買い物に行くのもなんとなくどうかと思います。

・執拗な追跡は序盤から始まりますが、まず最初に「しっかりと詫びを入れておけば」なんら問題がなかったのかもしれません。

ラッセル・クロウサイコパスなキャラクターですが、異常に太った体型は特殊メイクなのかどうかわかりにくいです。

・アオラレというよりかは、追跡と追い詰め的な展開で、ターミネータのような無茶な追跡があります。

・日本ではバンパーにぶつけられただけでも、結構問題になりますが、そもそも、外国では、バンパーはぶつけて使うところもあり、ガンガンぶつかります。

・徐々に追い詰める対象が広がっていき、レイチェルの関係者も追われ始めます。

・こういう点で考えると、本作は、スピルバーグ監督作品「激突」の雰囲気もあり、とにかく執拗に追い詰めていくというところが、見どころとなってきます。

・社会問題としてのあおり運転ではありますが、日本でもアメリカでも同じ問題を抱えており、多少過剰表現ではありますが、原因としては些細なことが発端というところもあり、「ヤルか、ヤラれるか」的な展開は、むしろ、わかりやすいアクション映画でもあります。

ラッセル・クロウの体型が想像の斜め上の印象もありますが、これでもオスカー俳優という点を考えれば、むしろモヤモヤします。

・90分という時間で、登場人物も絞られており、わかりやすい作品です。

 

www.youtube.com