ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「M/村西とおる狂熱の日々〔2019〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210309213405p:plain



【監督】片嶋一貴
【出演】村西とおる本橋信宏玉袋筋太郎西原理恵子高須克弥松原隆一郎宮台真司片岡鶴太郎卑弥呼桜樹ルイ/乃木真梨子/野坂なつみ/沙羅樹/松坂季実子/黒木香
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】AVの帝王と呼ばれた村西とおるの世界初の4時間超のVシネマ北の国から 愛の旅路」とヘアヌードビデオの撮影を行っったメイキングとドキュメンタリーを収録した作品。

 

 

M/村西とおる狂熱の日々 完全版 [DVD]

M/村西とおる狂熱の日々 完全版 [DVD]

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: DVD
 

 

 

片嶋一貴監督は、1995年『クレイジー・コップ 捜査はせん!』で映画監督デビューをし、プロデューサー業も1997年頃から行っています。2011年「アジアの純真」でロッテルダム国際映画祭で上映されたりと、映画業界に貢献している監督です。

村西とおるは、1970年代後半頃にゲーム機の設置・販売を行い、その後新宿歌舞伎町でビニ本を見たことで、北大神田書店でほんの制作に携わり、会長職にまでなります。1984年に猥褻図画販売容疑で指名手配逮捕されています。保釈後ににAV監督として活躍をし、一時代のトレンドともなりますが、1986年職業安定法児童福祉法違反容疑で逮捕となり、その後も何度か逮捕をされながらもAVの制作を行っています。クリスタル映像を離れ、ダイヤモンド映像で制作を続けますが、時代の流れにより1992年に約50億円の負債を抱え倒産しています。2007年からはニューシネマジャパンで過去作品を販売し、2013年には夫妻を完済しているとのことです。2019年には『全裸監督』としてドラマ化もされ、話題性に欠かない監督です。

・物語は、ドキュメンタリーとなっており、作品の制作メイキングとインタビューを絡めた作品となっています。

・「北の国から 愛の旅路」は観たことがありませんが、あまり観たい気はしません。

・1996年の北海道で撮影を進めたメイキングを収録しており、独特な作家性と当時の寛容な時代感があるように思います。

・あくまで、15年以上も前の映像のメイキングであり、また、ゲリラ的な撮影風景でもあるので、映像的にはほぼ当時の雰囲気が感じられるのかと思います。

・終盤の撮影時の事故にはメイキングだとしても、なかなか世に出せないところはあるかと思います。

・「人生にどんでん返しはあるぞ」

・とは思いますが、メイキングを含めたドキュメンタリーを見る限り、取り上げる時期によっては、解釈が大いに変わってしまう印象があります。

・「人生 死んでしまいたいときには 下をみろ おれがいる」

・なんとなくこう言われると格好良いとしか言いようがありません。

・あくまで、1990年代のAVの撮影ドキュメンタリーとなり、ドラマ性はありませんので、観ていて苦痛な点もあります。

www.youtube.com

 

M/村西とおる狂熱の日々 完全版 [DVD]

M/村西とおる狂熱の日々 完全版 [DVD]

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: DVD
 

 

 

 

 

全裸監督 村西とおる伝

全裸監督 村西とおる伝