ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「私がモテてどうすんだ〔2020〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210105003248j:plain



【監督】平沼紀久
【原作】ぢゅん子
【出演】吉野北人神尾楓珠山口乃々華富田望生伊藤あさひ奥野壮/上原実矩/坂口涼太郎/水島麻理奈/ざわちん/中山咲月優希美青宮崎秋人戸田菜穂
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 芹沼花依は、アニメやクラスのイケメン男子に対して、BLを妄想している女子高生。ある日好きなキャラが死んだことのショックで、激ヤセし、美女となる。そのことで、イケメンの同級生4人がアプローチを始める。

 

 

私がモテてどうすんだ

私がモテてどうすんだ

  • Norihisa Hiranuma
  • ロマンス

 

 

平沼紀久監督は、大学時代よりモデルとして活躍後、2004年劇団「方南ぴぃぐみ」を立ち上げる。その後、2007年演劇ユニット「時速246」、2010年演劇ユニット「HYSTERIC・D・BAND」を結成し、2018年「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」で映画監督デビューをしています。

山口乃々華は、2007年雑誌『小学四年生』、2008年雑誌『小学五年生』と読者モデルとして賞を受賞しており、2010年、雑誌『ピチレモン』でグランプリを獲得し、専属モデルをしています。その後、ダンサーとしても活躍し、2012年「Follow Me」でE-girlsとしても活躍しています。2016年「HiGH&LOW THE MOVIE」で映画デビューをしており、ダンスや映画と多彩な才能を発揮しています。

吉野北人は、2014年4月「VOCAL BATTLE AUDITION 4」に合格し、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとして正式メンバーとなっています。2019年「PRINCE OF LEGEND」で映画デビューをし、CMやドラマなどで活躍しています。

・本作は、第40回講談社漫画賞・少女部門を受賞した同名人気コミックを実写映画化です。

・物語は、腐女子な女子高生が好きなキャラクターが死んでしまったことのショックで激やせし、美女となってしまう。そのことで、同級生のイケメン男子からアプローチされ始めるというラブコメディ。

・序盤は、腐女子の主人公が好きなキャラが死んでしまったことで、急激に痩せて容姿が変わり、美女になったことで、モテはじめるが、再度リバウンドをし、今度は無理に痩せさせようとする同級生が協力を始め、その中で徐々に周りの環境が変わってきます。

・ミュージカル風味な学園モノということで描かれますが、「Get Wild」が流れつつ、アニメ シティハンターのパロディで演出されるところは、よくよく思うと、20年以上も古い作品でもあり、この演出がわかる観客のターゲットに疑問点を感じます。

・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEE-girlsというところから察してもらえればよいですが、LDH JAPANから企画されている作品ではあります。

・ですので、ミュージカル風の演出は。むしろ明確な理由はあります。

・ほぼ主要キャストは踊れる人たちなので、なんの不安感もなく、ダンスを観ていられます。

・ラブコメディという点ではありますが、そちらよりも、ヲタクと一般人のギャップと言うところも描かれており、このあたりはコメディ感があります。

・終盤の4人でのクイズ形式の展開は、ちょっと常識的ではないのですが、演出としてはアリかなぁと思います。

・「やっぱヲタク最高」

・そもそも本作としてはコメディの世界観ではあるので、荒唐無稽さはある程度大目に見るのがよいのかと思います。

 

www.youtube.com

 

私がモテてどうすんだ

私がモテてどうすんだ

  • 発売日: 2021/01/20
  • メディア: Prime Video