ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「映画 賭ケグルイ〔2019〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20191021221518j:plain

【監督】英勉
【出演】浜辺美波高杉真宙宮沢氷魚福原遥池田エライザ松村沙友理
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】名門校・私立百花王学園は、普通の学校ではありながら、裏では「ギャンブルの強さ」で生徒のヒエラルキーが決まる学園。生徒会長 桃喰綺羅莉の君臨する学園の中、ギャンブルをしない白装束集団「ヴィレッジ」の対立が始まる。

 

 

映画 賭ケグルイ

映画 賭ケグルイ

 

 

英勉監督は、「はなぶさつとむ」と読むそうで、CMやテレビドラマ制作を経て、「ハンサム★スーツ」で映画監督デビューをしています。

浜辺美波は、東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞、その後多数の映画に出演し、『君の膵臓をたべたい』で話題となりました。

・映画自体はもともとTBSで放送していたTVドラマからの延長となり、主要キャストはそれにじゅんじています。

・漫画原作の物語でもあり、漫画からアニメ、ドラマ化と各メディア化が続々と行なわれています。

・本映画は、キャストを豪華にしており、さらには、テレビドラマseason2から続くオリジナルストーリーとなっています。

・物語は、TVドラマ版を観なくとも理解はできます。

・物語の違和感をまず挙げてしまうと、大人は登場せず、これ、学校である必要があるのかが疑問に思います。

・確かに未成年の集まりというところでは、学校である要素が必要かもしれません。それならそれで、もう少し配役を考えても良かったのかもしれません。

・本筋自体は、ギャンブルをメインに各キャラクターが勝ち上がっていく展開となっていますが、この手法は、賭博黙示録カイジライアーゲーム系のストーリー構成で、要は、「ルールを把握してルールを新たに解釈をして勝つ」という手法です。

・コレはコレで面白いのですが、伏線の要素と理詰めで納得させる説明が必要であり、偶然性を持ち出してしまうと途端に面白くなくなってしまう典型です。

・本作は、どちらかというと、その理詰の点が薄く、理詰ギャンブルものとしてはちょっと他の作品と比べると見劣りします。

・良い点は、各キャラクターの名前が読めない割には、多数いるキャラクターの個性はわかりやすいので、物語は見失いにくいところがあります。

福原愛に対して「大根役者」という要素は、言い得て妙なところがありますが、それよりも全体的に学芸会的「たっぷり演技」なところには、もう少しなんとかならないのかと不安になるところでもあります。

・最終的にはキッチリとまとめあげられていますが、やはり、理詰ギャンブル感が薄いところとたっぷり演技が抑え気味であればよかったのですが、あくまで、過剰演出の漫画原作でもあるので、コレはコレでよかったのではと思います。

 


【公式】『映画 賭ケグルイ』 大ヒット上映中/本予告

 

 

 

 

映画 賭ケグルイ (2枚組)(初回生産限定:特製トランプ付) [DVD]
 

 

 

賭ケグルイ Blu-ray BOX(5枚組)

賭ケグルイ Blu-ray BOX(5枚組)

 

 

 

映画 賭ケグルイ

映画 賭ケグルイ

 

 

 

賭ケグルイ season2 DVD BOX(2枚組)

賭ケグルイ season2 DVD BOX(2枚組)

 

 

 

映画『賭ケグルイ』 缶バッジ 福原遥(セリフ