ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「ギャングース〔2018〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20191005074306p:plain

【監督】入江悠
【出演】高杉真宙加藤諒渡辺大知/林遣都
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】サイケ、カズキ、タケオの3人は、犯罪者集団を狙った窃盗を行っていた。虐待や学校に行けない等の生い立ちのある3人は、社会に見放されながらも、生きる手段を見出していく。

 

 

ギャングース

ギャングース

 

 

・原作は、ルポライター 鈴木大介と漫画家 肥谷圭介による漫画。

入江悠監督は、「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」で近年評価を上げている監督です。

・主演の3人の、高杉真宙加藤諒渡辺大知はそれぞれ独特な風貌で本作に挑んでいますが、実際にはここまでイタイ感じの若者役をする人ではないようです。

・それほどまでに、本作では、イメージが退廃的な印象があり、アウトローな生き方を選んだ人の映画となります。

・廃バスで生活をする彼らには、生い立ちからくる悲しさがあります。

・反社会勢力から金品を奪い生活をする背景には、反社会勢力は、窃盗されたことを通報できないという点から行われていることですが、当然、その報復は通常の報復とは異なるので、このあたりも彼らの過酷な人生があります。

アウトローな生き様から「やるかやられるか」的なところを行ったり来たりするところがあり、善悪ではなく、生きていくためには仕方がないというところがありますが、実際にに普通に生活している人からすればいまいちピンとこないところがあり、カタルシスはありません。

・入江監督作品はどこか一匹狼(実際には仲間を含めてのコミュニティですが。)なところがあり、アウトローな作品が多いです。

・また、北関東から東北を背景に作品を作っていることが多く、感情移入できる人とできない人の差が激しいのかと思います。

・個人的はハマらなかった部類ですが、グロい青春映画としてはよいのではないでしょうか。

 

www.youtube.com