ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「メゾン・ド・ヒミコ 〔2005〕」ってなんだ?

f7216160c672d0739160f888ba7e05bf.jpg
【監督】犬童一心
【原作】筒井康隆
【出演】オダギリジョー柴咲コウ田中泯
【個人的評価】★★★☆☆
 
【あらすじ】ゲイのための老人ホームが舞台。父、その娘、父の彼氏の決して交わる事のない気持ち。ゲイである父親を許せない娘と、その老人ホームでの生活を描いた話。
 

 

 

 
・「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督作品の映画。
 
・ここから感想なんですが。
 
犬童一心監督の描く生活感のある匂いがよい。
 
・一番はじめにかかる音楽でちょっと「キタ!」と思った。
 
・コンビニバイトのあとにガラッとくる訳だからな。意表を突かれる、というか、台詞なしに描く手法は巧い。
 
・中盤、まさか、尾崎紀世彦で泣かされるとは思わなかった。
 
オダギリジョーに抱かれても良いとは思う。「織田・ギリジョー」って名前で呼びたい。若干同性愛的なところは自分自信にあると思う時がある。
 
・とても良い作品だった訳ではないが、かといって駄作でもない。
 
・見て損はないかもしれないが・・・。
 
柴咲コウは作品に恵まれているよなぁ。
 
・ラストは好きだったりする。
 
・同時期に公開している犬童一心監督の「タッチ」を作った反動で、「メゾン・ド・ヒミコ」を作ったとしか考えられない。犬童一心監督は器用7日もしれない。毛色の違う作品を間髪入れずに作るのだから。
 
 

メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション

メゾン・ド・ヒミコ The Original Soundtrack of “La Maison de Himiko”

オダギリ ジョー 柴咲コウ 田中泯「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

『メゾン・ド・ヒミコ』オフィシャル・ブック