ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「運び屋〔2018〕」ってなんだ?

share2.png
 
【あらすじ】主人公は、かつて園芸家だった アール・ストーン。かつては、名前の知られていた園芸家だったが、孤独な老後を過ごしていた。とある紹介で、麻薬の運び屋となり、麻薬捜査官に狙われながらも、家族の関係を修復しようとする。

 

運び屋 (字幕/吹替)

運び屋 (字幕/吹替)

  • Clint Eastwood
  • ドラマ
  • ¥2500

 


 
・「グラン・トリノ」以来の10年ぶりの監督主演作。
 
クリント・イーストウッド映画は、独特な要素は少なく、どちらかといえば、お手本のようなわかりやすさと展開で作られているので、見やすさがあります。
 
・もともと実話だった事件から、本作を制作しています。
 
・園芸家でありながら、家族を顧みず、孤独な老後生活となったために、ひょんなことで、ドライバーを始める。
 
・運ぶものは、「麻薬」ということで、裏社会の人間が多数出てくる。
 
・そんなさなか、軽快にもユーモアとも取れる軽妙さで主人公は立ち回り、そつなく仕事をこなして行く。
 
・なんか、もうこの老後生活に嫌気がさして、「なるようになれ」というような側面も感じ取れます。
 
・88歳にもなるイーストウッドですが、ここまでしっかりとしていて、仕事にも遊びにも力の入っているところには、まだまだ若いなぁとも思わせられます。
 
・女性2人を相手にするところも、イーストウッドの演出とはいえ、さすがに無理もあるような気がしますが、クリント・イーストウッドが演じることで「まあ、アリか。」と思わせてしまうところには、力技以上のなにかがあります。
 
・シンプルな生き様を描いた映画なので、複雑な設定や構成はなく、ただ素直に観ているだけで良い映画です。
 
・一人の男の人生として、やり残したことと、やってきたことの振り返りを、シンプルに描いた内容で、結果的には救われた感のある描かれかたではあります。
 
・名作との呼び声もありますが、そこもイーストウッドの主演監督があってこそ。
 
・駄作とは言いませんが、敢闘賞という部分を差し引いたとして評価したい映画です。
 
 

 

運び屋(字幕版)

運び屋 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】運び屋 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) (オリジナル編集映像DVD付) [Blu-ray]

運び屋 ブルーレイ 限定スチールブック仕様 [Blu-ray リージョンフリー 日本語有り] (輸入版)

バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕版)

恐怖の報酬【オリジナル完全版】≪最終盤≫ [Blu-ray]