ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「いざなぎ暮れた。〔2020〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211103065215j:plain



  
【監督】笠木望 
【出演】毎熊克哉/武田梨奈青山フォール勝ち岸健之助和田まんじゅう奥村隼也山口提樹潮圭太/どさけん/江西あきよし/大皷長次/蒼央/小池澄子/
【個人的評価】★★★★☆

 

【あらすじ】神聖な「諸手船神事」が行われる島根県松江市美保関町が舞台。主人公のノボルは、元新宿のNo1ホスト。金髪の恋人ノリコとともに、このまちに訪れる。目的は実の親戚にオレオレ詐欺をして、お金を工面することであった。

 

 

 

 

笠木望は、2001年の自主映画作品『きみのジャージはどこ』で様々な映画賞で賞を受け、話題となります。その後、2002年『スワンズソング』で劇場映画デビューをし、2019年『いざなぎ暮れた。』で初のオリジナル脚本の長編映画を手掛けています。

・毎熊克哉は、3歳の時に見た映画『E.T.』で映画作りに関心を持ち、映画監督を目指していたが、自ら演じたほうが思い描いた芝居が伝わると、役者に転身、以降多数の映画賞に関わり、「遅咲きの新人」として注目されています。

武田梨奈は、2008年『ハイキック・ガール!』で映画主演を市、2009年「ハイキックガール」でCDデビューもしています。空手家としても知られ、黒帯二段の実力者でもあります。

・本作は、第53回ヒューストン国際映画祭で審査員特別賞と最優秀外国語映画賞を邦画初ダブル受賞をしています。

・物語は、元No1ホストの主人公が、とあるお金の工面で、島根県の町に訪れる。そこで、実の親戚にオレオレ詐欺をし、お金を都合するストーリーとなっています。

・序盤から、ダッチチャレンジャーを爆走し、主人公2人が登場します。

・風貌からまともな仕事をしている人っぽくないのですが、毎熊克也が演じているとどうも、いい人感がにじみ出てしまうような印象があります。

・いつもながらの毎熊克也節というよりも、今回はしっかりとコミュ力のあるキャラクターなので、いつも以上に楽しめます。

・車に対しての思い入れと雑学が妙に見え隠れし、このあたりはこだわりなのかと思います。

オレオレ詐欺をしますが、そのあたりは、妙なコメディ感もあり、本作の流れもどちらかといえば、どこかしらにコメディ要素をふくみながらの展開となっています。

・主人公2人を中心とした展開でもあり、非常にわかりやすく、サクッと楽しめる軽快さがあります。

・「カイジみてえになっちまう」

・正直、毎熊克哉を楽しむ作品として作られている要素もあり、ストーリーの大半を暗証番号に悩むという展開ではあります。

・3周くらい回って、それが楽しい作品ではあります。

・もともと、吉本興業バックアップで、地域発信型映画として島根県松江市美保関町を舞台に制作した作品でもあり、シナリオ自体も、それがありきでの制作のようにもみえます。

・とはいえ、83分の中で、サクッと軽快に進む展開でもあり、さほど苦痛な作品ではありません。

・むしろ、一癖ありそうな登場人物だらけですが、ほぼ極悪人はいないというところも、憎めない要素があるように思います。

 

www.youtube.com