ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「そして、バトンは渡された〔2021〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20211028235552j:plain



【監督】前田哲
【原作】瀬尾まいこ
【出演】永野芽郁田中圭/岡田健史/稲垣来泉朝比奈彩安藤裕子戸田菜穂木野花石原さとみ大森南朋市村正親

【あらすじ】主人公 優子は親の都合で、名字が4回も変わった女性。彼女は義理の父 森宮さんと2人で暮らしていた。また、夫を何度も変えながら生活している梨花は、ある日娘を残して消えてしまう。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

・前田哲監督は、フリーの助監督として多数の作品に参加、1998年オムニバス映画『ポッキー坂恋物語』で監督デビューしています。

永野芽郁は、NHK連続テレビ小説半分、青い。』でヒロインを演じており、今後の活躍に期待できます。なお、好きなお笑い芸人は「なかやまきんに君」だそうです。

田中圭は、役者を志し、「トリビアの泉」の確認VTRの出演を経て、2008年『凍える鏡』で初の主演を務め、TV番組等で活躍している俳優です。

・岡田健史は、小学生から野球をしていたときに事務所にスカウトされるが、高校の野球部を引退後に、芸能事務所に所属し、2018年『中学聖日記』で俳優デビューをしています。

・物語は、父親の都合で名字を変えながら、義理の父と生活する女性と、旦那を何度も変えながら生活する女性の関係描いたストーリーです。

・2人の女性を中心に、父親が4回も変わった女性と、再婚を何度もしている女性の2つの物語を軸に展開するストーリーです。

・「92.8%が泣いた」という触れ込みですが、あまり気にしないで観たほうが、先入観なしで観られると思います。

・第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説が原作です。

永野芽郁がほぼ主役となる作品であり、個人的には演技とか抜きにして、普通に観たいと思っています。

・ベストセラー小説の映画化は多々行われていますが、気になる人は、原作本を読んでみるのも良いかもしれません。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp