ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「星の子〔2020〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210321081457p:plain



【監督】大森立嗣
【出演】芦田愛菜岡田将生大友康平高良健吾黒木華蒔田彩珠/新音/大谷麻衣永瀬正敏原田知世
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 ちひろは、両親から愛情を受けて育ってきたが、幼少期に病弱だったちひろを治した宗教に傾倒していた。中学三年のときに担任の教師に一目惚れをするが、先生に両親が奇妙な儀式を行っているところを見られてしまう。

 

 

星の子

星の子

  • 大森立嗣
  • ドラマ
  • ¥2037

 

 

・大森立嗣監督は、父親に麿赤兒、義理の弟に俳優の大森南朋がいます。大学で「8mm同好会」に入り、映像制作に関わることになります。その後、2005年『ゲルマニウムの夜』で監督デビューをし、映画祭に正式出品され、国内外で高い評価を受ける。2013年『さよなら渓谷』では、モスクワ国際映画祭で48年ぶりに審査員特別賞を受賞しています。

芦田愛菜は、母親に進められ、3歳より芸能界デビューをしています。2011年「マルモのおきて」で人気となり、以降様々なメディアに登場しながらも、難関校でもある慶應義塾中等部に入学しています。

岡田将生は、中学2年のときに原宿でスカウトされ、一旦は断るも、のちに芸能事務所に所属し、デビューしています。その後、2007年「アヒルと鴨のコインロッカー」で映画デビューをし、着々とキャリアを重ねています。2014年には、蜷川幸雄演出による舞台にも出演し、幅広い活動をしています。

・第157回芥川賞候補にもなった今村夏子の同名小説を映画化した作品です。

・物語は、不思議な宗教に信仰を抱く両親に育てられ、中学で一目惚れをした先生に両親の奇妙な儀式を見られてしまったことで、様々な事件が起こり、この世界の自体に疑いを持ち始めていく物語です。

・コメディ作品ではないのですが、主人公ちひろの親をみると、どうも、ギャグのようにも見えます。

・当人はいたって真面目なのですが、新興宗教による不可思議な儀式はやはり不可思議が儀式以外のなにものでもないので、ここに感覚の境界線が生まれているようにも思えます。

・観ている側は、当然、親の不思議な儀式に疑問を感じるので、先生やその他の登場人物に感情移入しがちですが、主人公 ちひろの視点で考えると、なんら不思議なことではなく、むしろ「それが当たり前」と思っていた常識のようなものを覆される感覚になるのかと思います。

・「だいたい、水で風邪ひかないなら、誰も苦労しないんだよ。両親にも言っとけ。」

・このときの空(くう)を見ているちひろには、言い表しにくい感情がこもります。

・この感覚のズレをどのように捉えるかでこの作品の感想が変わってくるのではないかとも思います。

新興宗教という題材を扱っていますが、実際には宗教の否定や肯定ということではなく、絶妙な立ち位置であるちひろの視点から考えると、家族と自分の周辺を描いたストーリーであり、何が正しくて、何が正しくないかという事自体を説いているストーリーではないとは思います。

 

www.youtube.com

 

星の子 (朝日文庫)

星の子 (朝日文庫)

 

 

 

星の子

星の子

  • 発売日: 2020/12/25
  • メディア: Prime Video
 

 

 

星の子 通常版 [DVD]

星の子 通常版 [DVD]

  • 発売日: 2021/03/03
  • メディア: DVD
 

 

 

星の子 豪華版 [Blu-ray]

星の子 豪華版 [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/03/03
  • メディア: Blu-ray