ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「ウィッシュルーム(2019)」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210213220456p:plain


【監督】クリスチャン・ヴォルクマン
【出演】オルガ・キュリレンコ/ケヴィン・ヤンセンス/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】ニューヨークから移住してきた若い夫婦は、夫は画家、妻は翻訳家として生活をしていましたが、新居に隠し部屋を見つける。その部屋は願ったものが現れる不思議な部屋となっており、贅沢な望み叶えていくが、そのうちにとあるものを願ってしまう。

 

 

ウィッシュ・ルーム(字幕版)

ウィッシュ・ルーム(字幕版)

  • クリスチャン・ヴォルクマン
  • スリラー
  • ¥2037

 

 

・クリスチャン・ヴォルクマン監督は、フランスの映画監督で、1994年「Le cobaye」で監督デビューをしており、アニメーション作品なども手掛ける監督です。

オルガ・キュリレンコは、ウクライナ出身の女優で、ファッションモデルとしてキャリアを積み、2005年『薬指の標本』で映画初出演をしています。2005年007シリーズ第22作目『007 慰めの報酬』でボンドガールも務め、様々な作品に出演をしています。

・本作は、プチョン国際ファンタスティック映画祭最優秀作品賞受賞しています。

・物語は、田舎の一軒家に移住してきた夫婦が、家にある隠し部屋を見つけ、そこは、願い事をするとなんでも現れる不思議な部屋となっており、そこで贅沢な願いを次々と叶えていくが、ある日、子供を切望してしまう。

・序盤は、郊外から引っ越してきた2人がその家でひっそりと暮らす様が描かれます。

・その家に不思議な部屋があることが見つかりますが、日本の住宅とは違い、広い家でもあるので、使ってない部屋や目的の分かりにくい部屋があることに違和感を感じるかもしれません。

・部屋の中では色々なものが願うだけで出てくるというファンタジーなところがありますが、特にこの現象にツッコミを入れるよりも、こういうファンタジーということで深く考えない方が良いです。

・子供を切望したことで、部屋から子供を作り出してしまいますが、ここから物語が進み始め、夫婦間のトラブルも生まれ始めます。

・とはいえ、最終的には夫婦関係が破綻するわけではなく、子供対夫婦の構図となり、その家の謎にも触れてきます。

・家から出てしまうと消えてしまうという設定があるからこそ、この対立とトラブルの解決策が用意されているように見えますが、実際には、そこからもう一つひねりを加えた演出があり、この部分が単調な予測通りの展開を打開しています。

・一瞬、どうなっているのだろうか?と思ってしまうかもしれませんが、結果的にまとまりが付けば、なんとなく物語の決着として納得できるのかもしれません。

・登場人物の少ない低予算的な作品ですが、一本調子ではない展開は良いのかと思います。

www.youtube.com

 

ウィッシュ・ルーム [DVD]

ウィッシュ・ルーム [DVD]

  • 発売日: 2021/02/03
  • メディア: DVD
 

 

 

ウィッシュ・ルーム(字幕版)

ウィッシュ・ルーム(字幕版)

  • 発売日: 2021/02/03
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ザ・クーリエ(字幕版)

ザ・クーリエ(字幕版)

  • 発売日: 2020/11/04
  • メディア: Prime Video
 

 

 

その女諜報員 アレックス(字幕版)

その女諜報員 アレックス(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: Prime Video