ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「ソーセージ・パーティー〔2016〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210203003735j:plain



【監督】コンラッド・ヴァーノン/グレッグ・ティアナン
【出演】セス・ローゲンクリステン・ウィグジョナ・ヒル
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】とある郊外のスーパーマーケットでお客に選ばれることを夢見る食材たち。ソーセージのフランクは、パンのブレンダに挟まれホットドックとなることを夢見ているが、現実には人間たちが食材を買うのは食べるためであった。

 

 

ソーセージ・パーティー (吹替版)

ソーセージ・パーティー (吹替版)

  • コンラッド・ヴァーノン & グレッグ・ティアナン
  • コメディ
  • ¥1019

 

 

コンラッド・ヴァーノン監督は、ドリームワークスで、「アンツ」などの絵コンテを手掛け、2004年「シュレック2」で映画監督デビューをしています。一部声優をこなすこともできる多彩な監督です。

・物語は、スーパーマーケットの食材たちが人間に選ばれることを夢見ているが、それが、食べられてしまうことに気が付き、人間への反撃を開始するストーリーです。

・序盤は、スーパーマーケットの食材として、店に並んだ擬人化された食材が、トイ・ストーリーかのように喋り、動きます。

・人間側の目線ではなく、食材視点ではあるので、トイ・ストーリーのように、ルールはある程度すぐに理解できるのかと思います。

・本作は、R15指定というところとなり、グロテスクな要素が多少ありますが、それ以前に、シモネタがかなりブッこまれています。

アメリカンなシモネタなので、この部分をどう取るかにもよりますが、ほぼ万国共通なネタを応酬してきます。

・そのため、ほぼコメディとしてサクッと気軽に観るのが良い作品です。

・主人公のフランクはパンのブレンダにはさまれ、ホットドッグになることが夢ですが、その表現も正直卑猥な感じがあります。

・コメディではあるので、ライトなネタなのですが、このようなネタが延々続きつつ、トイ・ストーリー的な展開で物語が進んでいきます。

・シモネタだけでなく、しっかりと名作映画のパロティもブッ込んでくるのと、音楽もネタを仕込んだかのような選曲で描かれています。

・あくまで中学生的なノリでの展開でもあり、知能指数低めで、アタマをカラにして観るのがおすすめです。

・ヒロイン役がパンと言うことですが、観ているうちに、パンがパンにみえなくなってくる錯覚も感じます。

・とりあえず、全編CGでできた食材映画でありますので、気楽に観ればよいかと思います、

 

www.youtube.com

 

ソーセージ・パーティー (吹替版)

ソーセージ・パーティー (吹替版)

  • 発売日: 2017/02/08
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ソーセージ・パーティー (字幕版)

ソーセージ・パーティー (字幕版)

  • 発売日: 2017/02/08
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ソーセージ・パーティー [Blu-ray]

ソーセージ・パーティー [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ソーセージ・パーティー [AmazonDVDコレクション]

ソーセージ・パーティー [AmazonDVDコレクション]

  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: DVD