ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「ターミネーター:ニュー・フェイト〔2019〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20200213223745j:plain



【監督】ティム・ミラー
【出演】リンダ・ハミルトンアーノルド・シュワルツェネッガー/マッケンジー・デイヴィス/ナタリア・レイエス/ガブリエル・ルナ/ディエゴ・ボネータ/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】1995年にサイバーダイン社を破壊し、「審判の日」は避けられた。1998年にグアテマラのビーチで休息をとっていたジョンとサラは、突然T-800に襲われジョンは死亡してしまう。時が経ち、2020年、メキシコに1人の女性と1体のターミネーターが送られてきた。さらなる目的のためにターミネーターとの死闘が始まる。

 

 

 

 

ティム・ミラー監督は、映画のオープニングシークエンス等を作り、2016年「デッドプール」で長編映画監督デビューをしています。

・リンダハミルトンは、ターミネーターシリーズに28年ぶりに復帰をし、ターミネーター2の正式な続編とされています。

アーノルド・シュワルツェネッガーは、71歳にして本作に出演し、T-800型ターミネーターとして出演しています。

・製作には初代ターミネーターの監督、ジェームズ・キャメロンが参加しており、確固たる正統な続編として本作に関わっています。

・物語は、未来から送られてきたターミネーターとの戦いを描いていますが、序盤で未来の指導者のジョンが亡くなっていることで、新たな目的のためにターミネーターが送られてきます。

・未来が多少変わってしまっている状況でもあり、未来から送られてくるターミネーターの出現が今までと異なり、周囲が急激な冷凍状態となり、そこから未来からの使者が現れます。

・序盤から過去作品を踏襲した手法でもあり多少マンネリ感がありますが、まずはそこは抑えて観た方が良いです。

・「ターミネーター ジェネシス」では過去の手法を逆手に取った展開ではありましたが、本作のテーマは戦いというよりも、目的を達したターミネーターの行く末と人間の感情の理解が根底にはあります。

・そのため、ターミネーター2のような展開をなぞらえるところがありますが、序盤の戦いのテンションは過去作と比較してもかなり高いところがあります。

・まず、味方となるキャラクターは、完全無欠とは言い難いところがあるので、キチンと緊張感のある戦いとなります。

・その後、サラが登場しターミネーター狩りを行いますが、やはり2020年の武器では歯が立たないところはあります。

・敵側のターミネーターは、金属の骨格と液体金属のハイブリッド型の「Rev-9」と呼ばれ、1体でありながら、骨格と液体金属を分離して戦うことができます。

・今までのシリーズでは動きが俊敏ではなかったのですが、本作ではかなり動きの速いアクションをするので、序盤の戦闘にはターミネーターの新しい戦い方が見られます。

・中盤以降は、「どうやって対抗するか?」というところに行きつき、「Rev-9」の対抗策を模索します。

・以降はアクションを織り交ぜながら、人類とリージョンとの戦いとなりますが、予想通りな展開で人類は打ち勝っていきます。

・本作が正統な続編というところでもあり期待感はあったのですが、物足りない点も多々あります。

・まずは、絶対にあきらめない敵の恐怖感が希薄であり、これはターミネーター2以降続いている決定的な問題点かと思います。

・魅力のある強敵を丁寧に描くことで、戦う側もそのさらに打ち勝つ方法に苦心するところが面白さになるとは思うのですが、やはり強敵感がありながらも、味方も反撃の余地が残されているところに過去作にあった絶望感が薄いのです。

・圧倒的な悪役だった1作目のターミネーターが味方になるという2作目も、それを超える強さの液体金属という勝ち目のない戦いがそれを証明しています。

・決して駄作とは言えないのですが、CGを多用したアクション映画の域から脱し切れていないところに本作のパワーダウンしているところがあります。

・序盤ではかなり力の入った内容でグイグイ引っ張ってはいるのですが、対抗策や恐怖感というところが平凡なところがあり、テーマがアクションとは異なる場所にあるのですが、終盤になるにつれてちぐはぐ感が出てしまったのかと思います。

・任務を終えたターミネーターが人間社会に溶け込んで生活する発想は良かったので、この部分にもう少しフォーカスしてくれれば名作だったのかもしれません。

・「人間がなく意味がわかった」というターミネーター2の台詞はまさにアクション映画にとどまらない要素を持っていたのですが、本作では結局アクション映画の範疇を超えられなかったところは残念ではあります。

・続編がさらに用意されているのであれば、アクション一辺倒の内容ではなく、機械と感情という点にテーマを持っていってもらえれば、また新しいターミネーターに期待できると思います。

 


映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』特別版予告

 

 

 

 

ターミネーター:ニュー・フェイト (字幕版)

ターミネーター:ニュー・フェイト (字幕版)

  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: Prime Video