ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「マトリックス レボリューションズ〔2003〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20191025061012j:plain

 

【監督】ラリー・ウォシャウスキー/アンディ・ウォシャウスキー
【出演】キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンキャリー=アン・モス
【個人的評価】★★☆☆☆

 

【あらすじ】マトリックス3部作の完結編。主人公 ネオは救世主として覚醒し、コンピューターと人間との闘いに決着をつけようと、深部へと向かいます。人類の最後の拠点 ザイオンの総攻撃を仕掛けるコンピューターに対し、人類に新たな道があるのか?

 

 

マトリックス・レボリューションズ(字幕/吹替)

マトリックス・レボリューションズ(字幕/吹替)

  • Andy Wachowski & Larry Wachowski
  • SF/ファンタジー
  • ¥1500

 

 

マトリックスは、3部作として映画化された作品で本作は、2作目 マトリックス リローデッドと並行して撮影が進められていました。

・そのため、2作目と3作目には前編と後編のような繋がりの強い印象があります。

ウォシャウスキー兄弟は、マトリックス1作目の成功で、続編もほぼ同じスタッフで制作しており、物語のテイストには一貫性があります。

・一貫性はあるのですが、マシンガン撮影と言われた特殊な撮影よりかは、CGを駆使した映像マジックに傾倒するところもあり、特撮に関しては、徐々にパワーダウンしてきている印象もあります。

・物語は、前作の直後から始まり、気を失ったネオとベインのその後から描かれはじめます。

・ここでもまた、無敵状態のネオの扱いが難しくなるわけで、別の空間に閉じ込められる設定となります。

・この救出のために前半が描かれ、同時にザイオンへの総攻撃という最終決戦への展開が繰り広げられます。

・常にネオを追い続けるエージェント スミスの行動も過激さを増していき、ほとんどの人がスミスとなってしまうほどの侵食され、圧倒的な力を備えてしまいます。

・絶望感のある展開となっているところでもやはり、ジョーカーというべきの無敵なネオがいることもあり、緊張感は多少薄くなります。

・やはり、1作目でほぼ無敵の状態へと覚醒していることで、闘いの勝敗がかなり見えてしまっているところが残念なところです。

マトリックス世界の構造には様々な歴史が描かれ、ネオの存在も、なぜ特殊なことになっているかの理由付けがされます。

・この理由づけは前作を通じてしっかりとした着地点となっているため、ネオを中心とした物語とは別にしっかりとしたストーリーが見事な伏線となっていることになります。

・「結局何だったの?」となりがちなところですが、見失ってしまうのは、ネオの物語とマトリックスで起こっている現象が多少解離しているところにあるのだと思います。

・結局、ネオの選んだ結末だけを追いかけるとどうも腑に落ちない感覚となりますが、ネオを中心に考えなければ、マトリックスがどうしたかったのかがすんなりわかるような気がします。

・あくまで主人公はネオなんですが、本作では、主人公不在の作品として解釈していけば、難解な物語では無いと思います。

・3部作合わせて6時間以上の物語ですが、本作でしっかりと物語の締めくくりをしているところは、風呂敷をきれいに畳んだ作品かと思います。

・2020年には、マトリックス4の製作が決まっているため、どのような物語になるのか楽しみですが、CGに頼り切らない魅せ方で物語を綴ってくれることを期待します。

 


The Matrix Revolutions Trailer

 

 

 

 

 

 

マトリックス レボリューションズ [Blu-ray]

マトリックス レボリューションズ [Blu-ray]

 

 

 

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

マトリックス レボリューションズ

マトリックス レボリューションズ

 

 

 

「マトリックス・レボリューションズ」のテーマ

「マトリックス・レボリューションズ」のテーマ