ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「マトリックス レザレクションズ〔2021〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20211217041430j:plain



【監督】ラナ・ウォシャウスキー  
【出演】キアヌ・リーブスキャリー=アン・モス/ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世/ニール・パトリック・ハリスジェイダ・ピンケット・スミスジェシカ・ヘンウィック/ジョナサン・グロフ/ジェイダ・ピンケット・スミス

【あらすじ】主人公 トーマス・A・アンダーソンは、セラピストから青いカプセルをもらい処方をしながら生活をしていたが、ある日、トリニティという女性と出会う。彼女とは再会したことになるが、お互いのことがわからなかった。モーフィアスという男と出会い、そこで赤いカプセルをもらい、マトリックスの世界に入り込んでいく・・・。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

・ラナ・ウォシャウスキー監督は、ローレンス・ウォシャウスキーとしてアンドリュー・ポール・ウォシャウスキーの兄弟として生まれ、『暗殺者』の脚本を書き、映画化をされています。1996年「バウンド」で映画監督デビューをし、1999年に「マトリックス」で大ヒットをします。その後、マトリックス3部作を手掛けたあとも、映画製作を続け、2008年にトランスジェンダーとして性別適合手術をし、ラナ・ウォシャウスキーと名乗っています。弟のアンディ・ウォシャウスキーも、リリー・ウォシャウスキーとしてトランスジェンダーとして性別適合手術をし、ウォシャウスキー兄弟から、ウォシャウスキー姉妹へと変わっています。

・本作では、コンビを解消し、ラナ・ウォシャウスキー 単独監督をしています。

・キアヌリーブスは、1985年「Letting Go」でテレビ映画に出演し、その後、1989年「ビルとテッドの大冒険」がヒットし、1991年『マイ・プライベート・アイダホ』では、親友のリヴァー・フェニックスとともに出演しています。1994年「スピード」のヒットで、世界的に知られるようになり、1999年「マトリックス」もヒットをし、再ブレイクをして、不動の人気を得ています。さらに、『ジョン・ウィック』でも、当たり役を演じ、幾度もブレイクをしています。2014年『ファイティング・タイガー』では、出演をしながら、映画監督デビューをしています。1991年には、グランジ・ロック・バンドの「ドッグスター」でも活動していましたが、2002年に活動を停止しています。身なりに頓着がないようにも見られ、公園や電車で見かけられることもあり、有名人ながらも、一般人のような行動をしていることがあります。

・物語は、明確に明かされていませんが、マトリックス1作目のループのような印象を持つ予告編となっています。

・前三部作では、何度か救世主が現れるも失敗をし、人類は滅亡をたどっていることがわかり、それは、機械対人類の戦いの中に必要なシナリオとして、救世主が現れるということでした。

・この設定はもしかすると生かされた内容となる可能性もあり、本作は、何度か失敗した救世主の物語の一つ7日もしれません。

・ただし、監督が再度マトリックスを制作することに関しては、ありきたりな続編やリブートを考えて作ったものではないとしていることから、想像を超える物語担っているのかもしれません。

・現に、ネオ自体はあまり救世主としての力を発揮していない感じの予告編でもあり、前3部作のシーンの焼きましのようなシーンも散見されますが、「何かが違う」という言葉通り、見た目は同じでも、全く違う展開があるかもしれません。

マシンガン撮影は当時画期的な映像表現でしたが、本作は、そういう画期的な撮影が見られるのかはわかりません。

・とにかく、期待はしたい新章でもあり、もしかすると、本作だけでは完結せず、新しい3部作だったりするのかもしれませんね。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

rokukajo.hatenablog.jp