ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「マスカレード・ホテル〔2019〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20191008040207j:plain

 

【監督】鈴木雅之
【原作】東野圭吾
【出演】木村拓哉長澤まさみ小日向文世梶原善泉澤祐希
【個人的評価】★★★★☆

 

【あらすじ】3件の予告殺人事件が起き、事件現場に残された不可解な暗号から、連続殺人事件として捜査となる。主人公 金田は、4番目の殺人事件が想定される「ホテル・コルテシア東京」での警備に当たる。

 

 

 

 

鈴木雅之監督は、TVドラマを数多く手がけ、近年では、TVドラマの映画化等、娯楽映画を多数作り出している監督です。

・原作の東野圭吾は、ミステリー作家として人気があり、「探偵ガリレオ」シリーズはドラマ化や映画化もされているので広く知られた作家です。

木村拓哉は、元SMAPジャニーズ事務所のタレントですが、非常に高い人気を維持しており、ヒット作も数え切れないほどあります。

・物語は、連続殺人事件の関連として、次の犯行が予告されたホテルの警備にあたる刑事のストーリーです。

・はみ出しものの雰囲気のある刑事がホテルマンとして警備にあたり、ホテルマンの仕事を通じて、刑事の能力を発揮して事件に挑む姿が描かれます。

・そのホテルマンのコンビとして長澤まさみ演じるフロントクラークの女性が登場し、ホテル業務の考え方と刑事の考え方の違いも描かれます。

・ホテルは、宿泊客のプライベートには関与せず、快適な宿泊を提供する場所であり、いかなる不満も可能な限り対応するという、接客業のプロフェッショナルの側面があります。

・当然、事件が予告されているので、不審者には注意が必要ですが、序盤は、刑事の洞察力とホテルのサービスのスタンスとの見解の違いで、トラブルにもなります。

・片っ端から疑いをかけるところは、一瞬ルーチンギャグのようにも見え、多少刑事の横暴な判断に不安感が募ります。

・そんな中、ガウンの盗難の疑いで、優れた推理が発揮され、これまでの刑事の行動の伏線がくっきりと浮かび上がります。

・ここまでの流れが見事で、急に周囲の対応の緊張感のほぐれがあります。

・この流れまでが結構苦痛ですが、以降は、事件の核心とホテル業務の繁忙さで、チームワークが芽生え始めます。

・そして中盤以降は安定したミステリ作品となり、終盤まで一気に畳みかけてきます。このストーリーの緩急も適度に心地よく、娯楽作品として安定した展開となります。

・多少犯人の行動と動機には、「もやッ」としたところがありますが、伏線が投げっぱなしになることもないので、それはそれとして観るのが良いかと思います。

木村拓哉のオレオレ的なところがあるのですが、序盤の印象からシッカリとイメージ回復もするので、「木村拓哉あるある映画」としては良かったのかと思います。

 


映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

 

 

マスカレード・ホテル DVD 通常版

マスカレード・ホテル DVD 通常版

 

 

 

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

 

 

 

映画「マスカレード・ホテル」オリジナルサウンドトラック

映画「マスカレード・ホテル」オリジナルサウンドトラック

 

 

 

マスカレード・イブ (集英社文庫)

マスカレード・イブ (集英社文庫)