ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【映画まとめ】何度見ても泣けてしまう演出が素晴らしい作品 5選

【映画まとめ】何度見ても泣けてしまう演出が素晴らしい作品 5選
 
展開がわかっているのに、何度見ても心揺さぶられる物語がある。人にはそれぞれ感性が異なるのに、多くの人の心を掴んで離さないストーリーがある。些細な表現なのに特別な意味に捉えてしまえる演出がある。そんな素晴らしいことが映画では起こってしまう。そんな5作品の紹介。
 
ーーーーー
1426560405173.jpg
【テレビ】「昨夜のカレー、明日のパン〔2014〕」
【脚本】木皿泉
【出演】仲里依紗鹿賀丈史星野源溝端淳平
【個人的評価】★★★★★
 
【ポイント】全7回できれいにまとめられている物語。登場人物の個性と、木皿泉の秀逸な脚本がこの作品の究極に感動させる要素がある。名曲「M」をエンディング曲としているところも、歌詞と物語のシンクロがピタリと当てはまり、さらにもう一歩心の奥底に踏み込んでくる感動作です。
 
 
—————
maxresdefault.jpg
【マンガ・アニメ】「時をかける少女 〔2006〕」

【監督】細田守
【原作】筒井康隆
【出演】仲里依紗石田卓也板倉光隆原沙知絵
【個人的評価】★★★★☆
 
【ポイント】高校生の夏休み。そしてアニメならではの演出。仲里依紗の声は、個人的にとてもツボでもあります。挿入曲「変わらないもの(奥華子)」の演出には、寂しさもありながらも、前向きさがある演出でもあります。
 
 
—————
7813684b-0948-413d-bf5d-85f1d8cbdb22.jpg
 
【監督】石黒昇河森正治
【声の出演】飯島真理長谷有洋土井美加
【個人的評価】★★★★★
 
【ポイント】アイドルとメカというアニメファンにド直球なテーマでありながらも、1984年の時点での最高峰の
作画が素晴らしく、TVアニメの再構築にも関わらず、ラストの盛り上がりまでの秀逸さはアニメ史に残る名作です。
 
—————
50002933_series_art__768x2048_the_castle_of_cagliostro_7a2c98ac3374f9c7acb7a1513b5a99a3.jpg
【映画】「ルパン三世 カリオストロの城〔1979〕」
 
【監督】宮崎駿
【原作】モンキー・パンチ
【声の出演】山田康雄増山江威子小林清志井上真樹夫納谷悟朗島本須美
【個人的評価】★★★★★
 
【ポイント】宮崎駿監督がルパン三世を題材に感動する物語作り上げた傑作。TVシリーズともコミックとも違うルパン三世の人物像は、よく練り込まれた物語となっています。アクションアニメとしての動きも秀逸過ぎで、何度見ても新しい発見のある名作です。
 
—————
7890da19895bf55f40a1a442719bd8b4.jpg
 
【監督】岩井俊二
【出演】山崎裕太/奥菜恵
【個人的評価】★★★★★
 
【ポイント】もともとは、TVドラマだった作品を1本の映画として完成させた作品。岩井美学とも言われる映像美もTVドラマでは考えられない彩りで、ラストのなずなのセリフには、ものすごく平凡な言葉ながら、その真意を知ったときに胸を撃たれることは間違いない傑作です。
 
 
—————