ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「インビジブル 暗殺の旋律を弾く女〔2018〕」ってなんだ?

P16-17-pix-1.jpg
【出演】ナタリー・ドーマー/エド・スクライン
【個人的評価】★★★☆☆
 
【あらすじ】主人公は盲目のピアニスト ソフィア。彼女の住むアパートには裏社会を牛耳る大物がおり、その娘がある日転落死を遂げます。現場にいたマークがその真相を知っていましたが、実はソフィアもまたその事件の際にアパートにいたことで、ロシアンマフィアや英国情報部に狙われることになる。
 
 
・テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のナタリー・ドーマーが主演サスペンス。
 
・監督のアンソニー・バーンは、プライベートではナタリー・ドーマーのパートナーでもあり、共に脚本も担当しています。
 
・目が見えない主人公 ソフィアは、目が見えないながらもピアニストとして生活をしています。
 
・盲目ということで、音には敏感ということですが、自宅での行動にはちょっと疑問が湧きます。
 
・部屋は綺麗であり、目が見えないからこそ、行動が不自由であることです。
 
・そういう疑問がありつつも序盤以降、マークが関わることで、盲目が強調されつつも、徐々にその印象が薄れていきます。
 
・事件の背景には組織ぐるみの疑惑がわかり始めます。
 
・ついには、盲目ながらも事件に対しての真相暴きが始まり、サスペンス要素が強くなります。
 
・最終的には、どんでん返し的な展開となりますが、腑に落ちにくい点は、過去の出来事と現在の出来事の描き分けが弱いために、理解しずらいところがあります。
 
・ポスターの印象ではハードボイルドな主人公のイメージですが、そこまでハードボイルドではないところがモヤモヤする点かもしれません。
 
 

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女(字幕版)

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 [DVD]

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 インビジブル 暗殺の旋律を弾く女 光沢プリント