ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「ルクス・エテルナ 永遠の光〔2020〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20201020054059j:plain


【監督】ギャスパー・ノエ
【出演】シャルロット・ゲンズブール/ベアトリス・ダル/アビー・リー・カーショウ/クララ3000/クロード・ガジャン・マウル/フェリックス・マリトー/フレッド・カンビエ/

 

【あらすじ】魔女狩りを描いた映画の撮影現場での、女優と監督とプロデューサーのそれぞれの思惑の末にカオス化していく現場を描いた作品。

 

luxaeterna.jp

 

ギャスパー・ノエ監督は、1985年短編映画『Tintarella di luna』で監督デビューをし、1991年『カルネ』でカンヌ国際映画祭の批評家週間賞を受賞し、一躍有名となります。その後、観客を挑発するような問題作を数々と作るフランス映画界の鬼才と呼ばれています。

シャルロット・ゲンズブールは、父親は歌手・音楽プロデューサーのセルジュ・ゲンズブール、母親は女優のジェーン・バーキンという家系に生まれており、1984年『残火』で映画デビューをしています。その後、1986年『なまいきシャルロット』で評価され、その後も『小さな泥棒』『ブッシュ・ド・ノエル』などで様々な映画賞を受賞しております。2009年『アンチクライスト』で第62回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞しています。

・ベアトリス・ダルは、モデルとして活躍していましたが、1986年『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』で映画初主演にして、衝撃的な演技で称賛され、女優としてデビューしています。その後、多数の映画に出演しています。

・本作は、「様々な個性の複雑性を強調しながら、サンローランを想起させるアーティストの視点を通して現代社会を描く」というコンセプトのアートプロジェクト「SELF」の第4弾となります。

・なお、第5弾には「ウォン・カーウァイ監督」が起用されているようです。

・2019年カンヌ国際映画祭ではミッドナイトスクリーニング部門で上映されています。

・物語は、魔女狩り映画の撮影現場を描いた劇中劇型の物語です。

・とはいえ、監督がギャスパー・ノエだけあって、一筋縄ではいかないところはあるかと思います。

・予告編でも、目に刺激を受けてしまうような強烈なインパクトの内容になっていますが、これもギャスパー・ノエ節です。

シャルロット・ゲンズブールとベアトリス・ダルという2人の女優を始めトップモデルらも出演しています。

・非常に精神的に何かの傷跡を残しそうな作品かと思いますが、それも、ギャスパー・ノエ節ではあるので、気になる映画です。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp