ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「私立探偵濱マイク〔1993〕」ってなんだ?

hamamaiku_movie.jpg
【監督】林海象
【出演】永瀬正敏宍戸錠南原清隆/大嶺美香
【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】主人公(濱マイク 本名)は横浜黄金町の映画館・横浜日劇の2階に私立探偵事務所事務所を作り、探偵とは名ばかりのような奇妙な事件に巻き込まれる話。
 

 

 

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX [DVD]
 

 

 

 

 
・1994年から1996年にかけて3部作が作られた。
 
・1作目「我が人生最悪の時」
 
・2作目「遥かな時代の階段を」
 
・3作目「罠」
 
・タイトルはミッキー・スピレーンのハードボイルド探偵小説『マイク・ハマー』シリーズを捩ったもので、ここからも察するに小技が効いた部分の多い映画である。
 
・横浜黄金町「横浜日劇」は2005年2月で閉館している。残念だ。濱マイクと言えば「横浜日劇」だが、夜の「横浜日劇」が似合う。
 
・探偵稼業の裏打ちとして、「日本探偵協会」が協力している。探偵の実情がこの作品に反映されているかわからないが、妙なリアルを感じる。
 
タクシードライバー星野(南原清隆)が情報屋であるというところが良い。しかし、個人タクシーを改造をしてまで情報屋をやっている点には腑に落ちないところもあるが、これも小粋な小技として認める。
 
・1作目のアジアンテイストと白黒映画にした所が、「ガツン」とやられた感じがしたならば、あとは全部一気にハマれる作品に思う。
 
・個人的には2作目が一番好きである。2作目は「川」をテーマにしつつ、そのテーマを様々な角度から見られる所が素晴らしい。「川」とは、ストーリー上での利権問題にもつながるが、「親と子」「現在と未来と過去」などの裏設定があり、個人的に深いテーマと感じている。
 
・3作目は正直微妙なのだが、締めくくりとしての常套手段(2役)を用いている所が好きになれないのかもしれない。
 
・しかしながら、3作品とも林海象監督の何か1本筋の通ったものを感じるのであり、
 
・三種三様の3部作を一つの作品として作り上げた功績は大きいと思う。だからこそ、TVドラマ版が作られたのであろうか。
 
・最後に忘れてはならないのは、濱マイクの愛車メトロポリタン(監督私物)がカッコいい事だ。
 
 

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX [DVD]

私立探偵 濱マイク DVD BOOK Vol.3 (宝島社DVD BOOKシリーズ)

私立探偵 濱マイク オフィシャルコンプリートBOOK

"The Maiku Hama Theme" Original