ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「GO〔2001〕」ってなんだ?

123c9d402b1f6070e2320324161e817f.jpg
 
【監督】行定勲
【脚本】宮藤官九郎
【出演】窪塚洋介柴咲コウ山崎努
【個人的評価】★★★★★
 
【あらすじ】在日韓国人の主人公杉原は、日本の高校に通う3年生。父親に教えられたボクシングで、ケンカや悪行を繰り返す日々を送っていた。もともと在日コリアンとして民族学校に通っていたのだが、自分の存在を意識し、広い世界を見るようになる。
 

 

GO

GO

 

 
・「これは僕の恋愛に関する物語だ」
 
・「俺がそんな朝鮮人の魂持ってたら、20円で売ってやるよ。」
 
・「広い世界をみるのだ」
 
・「国境線なんか俺が消してやるよ」
 
・「めっちゃウンコしてぇ」
 
・「だっせー」
 
・「つうか、てめえらの世代で蹴りつけろよ。あんたら1世や2世がグズグズしてっから俺らがパッとしねえんだろうが!」
 
・「円の外には手強い奴がたくさんいる。ぶち破れそんなもん」
 
・最高だ。台詞まわし最高だ。
 
窪塚洋介よかったよ、よかった。
 
・そして、疾走感がたまらない。 
 
カレイドスコープの曲はほとんど知らないが、「幸せのありか」は良い。
 
大竹しのぶ山崎努がいなかったら駄目だ。
 
・予告編だけでビリビリくる。
 
柴咲コウはまあ、それなりだ。
 
・意外とDVDは手に入りにくかったりする。
 
・「生きている。恋をする。文句あっか。」
 
 

GO (角川文庫)

GO [DVD]

幸せのありか-theme of GO-

Pok・mon GO Plus (ポケモン GO Plus)