ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「焦燥〔2019〕」ってなんだ?

SID0041120.jpg
 
【監督】高原秀和
【出演】小田飛鳥/隆大介/那波隆史
【個人的評価】★★☆☆☆
 
【あらすじ】主人公は、老資産家の藤堂。彼は、墓地で見かけた紗弓に一目惚れをする。藤堂は、初恋の相手に似た紗弓に自分の想いを重ねていた。嵐の夜に訪れた突然の訪問者に、それぞれの関係が揺れ動く。
 

 

焦燥

焦燥

 

 

 
キングレコードのレーベル「KING RECORDS presents エロティカ クイーン」の第1弾。
 
・高原秀和監督は過去に「がむしゃら」「セックスの向こう側 AV男優という生き方」等を制作しており、ちょっと変わったドキュメンタリーを作っています。
 
・主演の小田飛鳥は、グラビアアイドルながらも、ルチャリブレ・ワークショップに通っていたことがきっかけで覆面MANIAというプロレス興行デビューもしています。
 
・共演の隆大介は、黒澤明監督『影武者』の織田信長役で、ブルーリボン賞新人賞を受賞をしています。
 
・本作は、どちらかというと、真面目な設定で物語が進行しますが、やはり、ツッコミどころも満載なのは否めません。
 
・特に「いくじなし」というキーワードが重要な要素ではありますが、その「いくじ」という点の背景がわかりにくいところがあります。
・過去の回想からくる、トラウマとも取れるのですが、終盤でその要素を織り交ぜるところには、ちょっと詰め込み過ぎなところもあります。
 
・終盤の藤堂の状況も、序盤のトラブルから想定するには、すでに事切れていると見ても不思議ではないです。
 
・その上で、紗弓の最後の言動にも不可思議な点もあり、サスペンス要素もあるのですが、そこまでこの物語が奥深いわけでもないのかとも思えます。
 
・ある種中途半端感満載ではあるのですが、こんなもんかなぁというところもあります。
 
・撮影にや演出の妙味が薄いぶん、小田飛鳥の推しが必要なのかとも思うのですが、題名からもあるように、「焦燥」感は否めません。
 
・そういった意味では観ている側に「焦燥」を与えるという点で成功している作品かもしれません。
 
 

焦燥

焦燥 [Blu-ray]

小田飛鳥 写真集 聖域

小田飛鳥 桜島に抱かれて 週刊ポストデジタル写真集

契約結婚 [DVD]

影武者