ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「冷たい熱帯魚〔2010〕」ってなんだ?

81YxnxW3CCL._SY445_.jpg
【監督】園子温
【出演】吹越満/でんでん/黒沢あすか神楽坂恵
【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】主人公 社本信行は熱帯魚店を経営する一家。死別した妻の娘と再婚した妻の3人の生活の中、ぎくしゃくした関係が続きます。娘の万引きをはじめ、さまざまな問題の中、万引き事件を取り持った村田夫婦のと登場で、生活が狂い始める。
 

 

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

 

 

 
園子温監督は、「愛のむきだし」をはじめ、鮮烈な演出と物語で話題の鬼才。
 
・本作は、実際の猟奇事件をモチーフに、その事件に巻き込まれていく姿を描いた作品です。
 
・主演の吹越満は人の良さもありながら、気の弱い男性を好演しています。
 
・さらに、好演しているというというよりも、怪演をしているでんでんが素晴らしく、鬼気迫る内面が見事。
 
・序盤から、ギクシャクした家庭が描かれ、そこに出てくる人の良さそうな村田の存在に、異様ながらも引き込まれていく魅力があります。
 
・残酷なシーンもあり、かなり目を背けたくなるところも中盤以降から、出てきます。
 
・このあたりは園子温監督の趣向でもあり、このドギツさが怪物級に突き抜けていると思います。
 
・狂気のシリアルキラーという中盤以降の展開には、でんでんと吹越満の狂気しかなく、人間の二面性を描ききっているように思います。
 
・146分という時間ですが、もっと短いのではないか?と錯覚するような物語が中盤以降から加速しはじめ、狂気のみが残る展開となります。
 
・題名も意味があるようなないような絶妙なタイトルであり、個人的にはインパクト充分な題名だと感じています。
 
・何度も観られるような映画でもなく、スッキリした鑑賞感もありません。ないのですが、ものすごく引っかかりを覚える映画ではあります。
 
・当然、万人にはおすすめできません。できないのですが、うまく整理して表現できない域に連れて行かされてしまう映画であり、それがこの映画の表現できない魅力なのかもしれません。
 
 

冷たい熱帯魚

新品価格
¥300から
(2019/5/24 01:39時点)

冷たい熱帯魚

新品価格
¥300から
(2019/5/24 01:39時点)

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

新品価格
¥3,093から
(2019/5/24 01:40時点)

冷たい熱帯魚 [DVD]

新品価格
¥1,957から
(2019/5/24 01:40時点)

冷たい熱帯魚

中古価格
¥421から
(2019/5/24 01:40時点)