ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!〔2018〕」ってなんだ?

ogp.png
【監督】三木聡 
【個人的評価】★★☆☆☆
 
【あらすじ】歌声の小さなストリートミュージシャのふうかが主人公。そんな中、4オクターブの音域と声量をもつロックミュージシャン シンと出会う。彼は「声帯ドーピング」という方法で声を出していた。その副作用があり、次第に声が出なくなる恐怖感があった。
 
 
三木聡監督は、「時効警察「転々」で独特なユルさのある作風が特長。
 
・主人公ふうかは小声で歌うストリートミュージシャンで、そこに絡むシンとの物語。
 
阿部サダヲがだいたい「何をやっても阿部サダヲ」というところに、既視感が何度もよぎります。
 
グループ魂のボーカルの「破壊」を務めているところも含め、どうもイメージがふわふわしているところがあります。
 
・どうせなら、架空のバンドよりも「グループ魂」でやってしまったほうが、現実の世界観とつながりもあり、良かったような気がします。
 
・吐血シーンもそこそこあり、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」な印象もあり、どうももやもやします。
 
・吉岡美帆は可愛いというか美人というかなところではあり、主人公としてはこれもフワフワした印象があります。
 
・そのふわふわした印象をまとめるのが、ユルい映画の得意な「三木聡監督」なので、まとまりがまた、フワッとした印象です。
 
・過去の三木聡監督映画からすると、まとまりはありますが、「転々」あたりの作品に戻ったとも言えます。まあ、ぶっ飛びすぎず、物語の筋もそこそこに追うというところ
です。
 
・「やらない理由を探してんじゃない」というのは心に残りますが、自問自答をしているようにも受け取れます。
 
・あくまで感想にはなりますが、「内容をまとめろタコ!なにやってんのか全然わかんねぇんだよ!!」とギリギリ言いたくなるような作品ではあります。
 
 

音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ! ! DVD通常版

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

音量を上げて聴けタコ! ~音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム~(初回生産限定盤)(特典なし)

音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! (角川文庫)

【映画パンフレット】音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!