ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「志乃ちゃんは自分の名前が言えない 〔2018〕」ってなんだ?

fb.jpg
【監督】湯浅弘章 
【原作】押見修造
【個人的評価】★★★☆☆
 
【あらすじ】うまく喋ることができない高校一年生の大島志乃が主人公。。同級生の岡崎加代と共にストリートミュージシャンを始めることで、成長していく物語。
 
 
・「惡の華」などの漫画家・押見修造が実体験をもとに描いた同名コミック
 
湯浅弘章監督は、林海象監督や押井守監督の助監督の経験があり、本作が長編商業映画デビュー作。
 
・主人公は人前で話す時にどもってしまいなかなか気持ちを伝えられないコンプレックスがあります。
 
・学校での自己紹介ですら、うまく喋られなく、観ていてイライラしますが、当人の気持ちが理解しにくいために完全に主人公を否定できないところがあります。
 
・学校生活でのありがちな仲間はずれも起こり、必ずしも主人公に問題があるようには描かれません。
 
・コンプレックスという点では主人公以外にもコンプレックスに悩む子も登場し、ストリートミュージシャンをする事で、悩みを解決しようとするところはとても前向きです。
 
・この前向きさを丁寧に描いている事で、嫌な感じの渦巻く映画ではなく、清々しい突き抜ける方法が共感できます。
 
・一つの側面だけで人を判断するわけではなく、努力の元に新しい自分を探す映画です。
 
・自分の殻を突き破り悩みながらも、前向きに成長していく青春映画ですので、サラッと観られる映画です。
 
 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない [Blu-ray]

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

【Amazon.co.jp限定】志乃ちゃんは自分の名前が言えない (オリジナルブロマイド付) [Blu-ray]

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」オリジナル・サウンドトラック