ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「純平、考え直せ〔2018〕」ってなんだ?

ogp.jpg
【監督】森岡利行
【出演】野村周平/柳ゆり菜/岡山天音
【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】主人公 坂本純平は新宿歌舞伎町で、任侠道を目指す若者。対立する組織の幹部の殺害を組長から命じられ、鉄砲玉として実行までの3日間が描かれる。偶然出会うOL 加奈と決行までの時間を過ごし、SNSでの会話も含めて、純平の生き様を現実とインターネットとの2面から描かれる。
 

 

純平、考え直せ

純平、考え直せ

  • 森岡 利行
  • ドラマ
  • ¥2000

 

 
直木賞作家・奥田英朗の同名小説を野村周平主演で映画化。
 
・鉄砲玉として決行するまでの覚悟と葛藤が描かれながら、OL加奈が中心としたSNS上での会話が並行して描かれます。
 
・純平は、兄貴分に忠実な舎弟でもありますが、基本的にはチンピラ。
 
・どこかしら凄みに欠けるのは、苦労や覚悟感が薄い感じがオーラとして出ているところで、普通に任侠映画としてみるのはオススメしません。
 
・どちらかというと、青春グラフティ的な軽さがあり、SNSの存在が、どこか現実感を描き切れているいないところだと思います。
 
・映画「仁義なき戦い」での菅原文太の鉄砲玉を実行するまでの鬼気迫る「時間がないじゃぁ」というシーンよりも落ちる点はあります。
 
・そもそも、本作はそういった任侠の世界とはちょっと異なる描き方で、むしろ否定しているような印象も受けます。
 
・そのキーとなるのが、加奈の存在とSNSなんでしょう。この描き方は、任侠の世界を描く主観では無いことが伝わる手法であり、だからこそ、鉄砲玉という役割を薄めているように思われます。
 
・個人的に配役もツボであり、岡山天音や毎熊克哉や佐野岳が出演していることです。皆、脇役ではありますが、しっかりとキャラ立ちも出来ており、特に佐野岳には意外な役でもあったので驚きです。毎熊克哉は最近は一周回って巧みな演技にも思えてしまいます。
 
・鉄砲玉を実行することはかなり恐怖ではありますが、その恐怖感を押し出すわけではなく、残された時間とどのように生きるかということを描いた作品です。
 
 


純平、考え直せ

純平、考え直せ [Blu-ray]

夜明けまで離さない【R15 】

純平、考え直せ (光文社文庫)

映画チラシ「純平、考え直せ」

柳ゆり菜「PASSION」

柳ゆり菜写真集 ひみつ