ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「聖なる鹿殺し〔2018〕」ってなんだ?

ft_img01.jpg

【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】主人公は心臓外科医のスティーブン。家族にも何も不満はなく、順風満帆な生活をしています。ある日謎の少年マーティンを家に招き入れてから、不思議なことが起こり始めます。目から血を流したり、歩けなくなったりと呪いのようなことが起こり、奇妙な現象に一家の絆が試されます。
 

・第70回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞したサスペンススリラー。

ヨルゴス・ランティモス監督は、ギリシャの新進気鋭の監督で、問題作を作り続けています。

・手術ミスのため、少年の父親を死なせてしまった主人公は、罪滅ぼしのため、その少年を家に招きます。

・しかし少年は「家族のうち誰か一人を殺さなければ、全員死ぬことになる」という不吉な予告をし、徐々に一家を追い詰めていきます。

・マーティン少年の言動は一種不可解でもあり、預言者という視点の方が良いのかもしれませんが、食事の仕方を見る限り、非常に粗雑です。

・そんなマーティン少年ですが、少年に問題があると考え、監禁まがいのことを行いますが、それでも不吉なことを免れることができません。

・題名の「聖なる鹿殺し」という謎めいた部分も意味深ではあり、実際には鹿は登場しません。

・ではなぜこの題名なのかは、邦題を名付けた手腕かと思います。

・原題は「The Killing of a Sacred Deer」であり、名邦題と言えます。

・物語のベースは、ギリシャ悲劇の「アウリスのイピゲネイア」にあると言われておりますが、これも実際にはその物語のベースではなく、ギリシャ神話のアガメムノンの話に出てくる鹿殺しに由来していると言われています。

ギリシャ神話になぞらえた物語は、スティーブンとマーティンの関係に置き換えられ、家族や親子の関係からそれを暗示しているように思われます。

・メタファーを多用した演出なので、わかりにくい要素もありますが、単純に「犯した罪をどのように償うか?」という筋であり、難解な映画ではありますが、見応えのある作品だと思います。

 


映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』予告編

 


聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(字幕版)

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア [Blu-ray]

ロブスター スペシャル・プライス [Blu-ray]

エウリピデス悲劇全集〈5〉 (西洋古典叢書)