ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「風に濡れた女〔2016〕」ってなんだ?

71NOaqL24KL._SY445_.jpg
【監督】塩田明彦
【出演】間宮夕貴永岡佑/テイ龍進
【個人的評価】★★★★☆
 
【あらすじ】田舎の山小屋でひっそりと暮らす主人公 高介。ある日海辺で自転車で海に落ちた 汐里にである。そのことがきっかけで汐里との間で巻き起こる不思議な欲望に駆られる。
・「日活ロマンポルノ」の45周年を記念して、複数の著名映画監督が新作を作成した「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の第1作
 
・第69回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門にロマンポルノ作品として初の正式出品
 
・正直いろいろとツッコミどころが多く、どこからツッコんでいいのかわからないくらい。
 
・中盤まではなんとなくそれなりのドラマ感で話が進みます。
 
・劇団員が登場するあたりから、なんとなくこの映画の不思議さが出てきます。
 
・嫉妬と羨望と確執と愛情。これらが入り交じるなんとも言えないモヤモヤ感で終盤まで進み、最終的に感情が爆発するような戦いに繋がります。
 
・終盤の高介と汐里の戦いが秀逸で、急にカメラワークと音楽にテンションが上がります。
 
・荒野での2人の対決から始まる不条理感が壊れている感じがあり、個人的にツボ。
 
・劇団員が中盤に出てきた理由も、なんとなく、「コレは演劇なんです」という布石にすら思えます。
 
・当然絡みのシーンまで引っ張るわけですが、これも過剰にエスカレートし、小屋の倒壊や火薬を使った爆破など、破綻に満ちた演出で衝撃を受けます。
 
・あと、終盤でマネジャーのシーンもしっかり用意されていたりするところは、破綻している中、決して要点を抑えているところに確信犯なところがあります。
 
・「日活ロマンポルノ」と言われると、ちょっと違う、いや、かなり違うのですが、これだけ破綻しているとなんかもう許せてしまう。そんな作品です。
 
 

風に濡れた女

身体を売ったらサヨウナラ

あるふたりの情事、28の部屋(字幕版)

ゆれる心

ロマンポルノ・リブート コンプリートBOX [Blu-ray]