ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「レッド・スパロー〔2018〕」ってなんだ?

maxresdefault.jpg

【監督】フランシス・ローレンス

【出演】ジェニファー・ローレンスジョエル・エドガートンマティアス・スーナールツ

【個人的評価】★★★★☆

 

【あらすじ】主人公 ドミニカはバレリーナであったが、怪我をしてしまう。病気の母のためにロシアの諜報機関養成所へ入隊する。そこではハニートラップと心理操作を使うスパイ(スパロー)の訓練を受け一流のスパローとなっていく。

 

 

レッド・スパロー (字幕/吹替)

レッド・スパロー (字幕/吹替)

  • Francis Lawrence
  • スリラー
  • ¥1000

 

 

・ロシアとアメリカのスパイ映画。

バレリーナからスパイに転身するストーリーで、映画「ニキータ」のように見えながらも、映画「アトミックブロンド」の要素を取り入れられているような映画。

・映画「アトミックブロンド」のように強力な主人公の強さはなく、もともとバレリーナという設定なので、強さというものはない。あとは、「賢さ」と「騙し合い」 と「プライドをなくすこと」がこの主人公の強さ。

・序盤では結構ツライところもある。どうしても諜報機関にならなければいけなかったのかという設定にはなんとなく腑に落ちない。

・このあたりはロシアと言う国では「バレリーナ」で大成するということしかない世界なのかの説明がほしかったです。ブラジルなどと同じように、「サッカー」で有名になることが生きていく術だとしたら、結構厳しい世界でもあります。

・養成所では、羞恥心をなくすような訓練となりますが、ジェニファー・ローレンスはこんな役が結構多いような気もします。この訓練シーンを描く必要があったかについては、「アトミックブロンド」との違いという点では良いのかと思われます。

・ハニートラップを行うスパイというところなので、この時点でもう映画「ニキータ」とは異なります。

・映画「アトミックブロンド」のシャーリーズ・セロンと本作のジェニファー・ローレンスをどうしても比べてしまうのですが、個人的にはやはりシャーリーズ・セロンのほうが良かったです。これはもう好みの世界ですね。

・スパイ映画ならではの拷問シーンもあります。このあたりは「見なくはない」演出ですが、直接的に描写がないだけにまだ酷くはないと思います。

・結局、二重スパイなどの展開にもつながって行くのですが、このあたりはまあスパイ映画で騙し騙されの展開です。

・最後、夜の空港で終わる展開もなんとなく映画「アトミックブロンド」を意識しているんだろうなぁと思いますが、本作は本作で良いところはあるので、これで良いかと思います。

 


「レッド・スパロー」日本版予告 第2弾 (2018年)

 


レッド・スパロー 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

レッド・スパロー (2枚組)[4K ULTRA HD Blu-ray]

レッド・スパロー (上) (ハヤカワ文庫 NV)

映画チラシ『レッド・スパロー』ジェニファー・ローレンス 10枚セット