ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【テレビ】「セクシーボイスアンドロボ〔2007〕」ってなんだ?

mainVisual.jpg
【原作】黒田硫黄
【脚本】木皿泉
【出演】松山ケンイチ大後寿々花
【あらすじ】女好きのロボットオタク・ロボ(松山ケンイチ)と、7色の声を操る14才の少女・ニコ(大後寿々花)がスパイとして活躍する笑いと涙と感動の痛快冒険活劇。
小学館スピリッツ増刊IKKIに連載され、その後掲載誌IKKIの月刊化とタイミングを同じくして休載となり、未完のまま事実上の連載中断となっている。単行本は全2巻が発売されている。
・正直、寝耳に水とはこの事なんだろうか。
・漫画連載休止より数年後に、漫画継続ではなく、TVドラマ化とは・・・。
・というか、黒田硫黄の世界観をドラマにするのは正直困難に思う。なもんで、漫画とは別物と割り切るべきか。
・少なくとも結末をどうするのかが、興味あり。
・脚本が「木皿泉」であることから、「平凡な日常の中の奇妙」を期待はできそうだ。というか、「野ブタをプロデュース」以来の仕事だ。木皿泉ガンバレ!!
・出演者等に関してはあまり言うべき所はないが、強いて言えば、ロボがヲタ臭くなさ過ぎニコが奇麗すぎ、もうちょっとスレタ女性でよいのに。
・なお、肝心の黒田硫黄といえば、ブログがある。

セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]

セクシーボイス&ロボ(1)

セクシーボイス アンドロボ コミック 全2巻完結セット (BIC COMICS IKKI)

すいか DVD-BOX (4枚組)

『Q10』DVD-BOX