ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「ワンモアライフ!〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20210926220533j:plain



【監督】ダニエレ・ルケッティ 
【出演】ピエールフランチェスコ・ディリベルト/トニー・エドゥアルト/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 パオロは、シチリア島パレルモで暮らす父親。ある日、いつも通る道で交通事故に遭って死んでしまう。突然の死に、天国の入口で抗議をしたところ計算ミスがあり、92分だけ寿命を貰える。

 

 

ワン・モア・ライフ!  (字幕版)

ワン・モア・ライフ! (字幕版)

  • ダニエーレ・ルケッティ
  • ドラマ
  • ¥2037

 

 

・ダニエレ・ルケッティ監督は、1983年「僕のビアンカ」でナンニ・モレッティ監督の助監督をつとめ、 1988年「It's Happening Tomorrow」で長編映画監督デビューをしています。その後多数の映画を制作し、2015年「ローマ法王になる日まで」でも高い評価を得ています。
・ピエールフランチェスコ・ディリベルトは、イタリアの俳優で、脚本家や監督、司会者等多彩な活動しています。2013年『マフィアは夏にしか殺らない』で映画監督デビューをしています。
・物語は、不慮の事故によって死んでしまった主人公が、死亡までの時間に誤差があり、92分の時間をもらえる。その時間で、やり残したことをしようとするストーリーです。

・冒頭から、主人公がバイクとトラックの事故で死んでしまうシーンから始まり、そこから、天国への受付の場所で、本作の大筋のルールが描かれます。

・つまり、92分のロスタイムがあり、その時間だけ死ぬ前に戻れるということになります。

・このロスタイムも、スムージーを飲んでいたということで、健康志向を志していたという点にはなりますが、実際の死因は、交通事故なので、なんの関わりもないところがあります。

・この点で、本作がコメディ要素も含まれるということになりますが、そのルール付けが面白いところです。

・ここから終盤まで、自らの人生の振り返りと、その償いとありがたさが身にしみてわかるような展開ではありますが、回想が織り込まれながら描かれるので、多少わかりにくいところがあります。

・主人公視点で描かれていくので、さほど本筋を見失うこともなく、時折出てくる天使が本作のロスタイムをしっかりと意識付けさせてきます。

・とはいえ、主人公の無茶な恋愛思考にはちょっと共感しづらいところもあります。

・終盤では、残された時間とそのオチをどうするのかが気になってくるところにはなります。

・女性関係が複雑な主人公に共感はできないのですが、残された時間がわかっている場合、「自分は何をすべきなのか?」ということを考える一つの切っ掛けとなるかもしれません。

 

www.youtube.com

 

ワン・モア・ライフ!(字幕版)

ワン・モア・ライフ!(字幕版)

Amazon

 

 

ワン・モア・ライフ! [DVD]

ワン・モア・ライフ! [DVD]

Amazon