ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「リベンジャー 復讐のドレス〔2015〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20200119230324j:plain



【監督】ジョスリン・ムーアハウス
【出演】ケイト・ウィンスレットリアム・ヘムズワース/ジュディ・デイビスヒューゴ・ウィービング
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 ティリーは、同世代の少年スチュワートを殺害した疑いで街を出ることになります。それから25年後に認知症の母親の世話をするために帰郷してきますが、周囲の人々は不信感を抱いていましたが、ドレスを作る技術のある彼女は、徐々に街の人々に受け入れられはじめます。

 

 

リベンジャー 復讐のドレス [DVD]

リベンジャー 復讐のドレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: DVD
 

 

 

・ジョスリン・ムーアハウス監督は、オーストラリアの映画監督で、「キルトに綴る愛」などの作品を手掛けています。

ケイト・ウィンスレットはイギリスの俳優であり、1994年の「乙女の祈り」で長編映画デビューをしています。

・有名なところではやはり「タイタニック」のローズ役が有名なところになります。

・『愛を読むひと』でアカデミー主演女優賞を受賞したオスカー女優でもあります。

・物語は、むかし犯してしまった罪を背負いながらも、故郷の街に戻り、そこで母親とともに暮らす中に巻き起こる事件を描いた作品。

・どちらかといえばサスペンス・ホラーというような要素でもあります。

・序盤は、街に戻ってきたティリーがこの街で新しくなにかに取り組むところが描かれ、その部分について、村に住むものと今まで外の世界にいたよそ者との差があり、その差を見ていると、感情移入する側をどちらにも置けないことになりますが、それが良かったのかもしれません。

・様々なドレスが登場し、オープニングの映像から考えると、色彩がカラフルなメリハリがありますが、やはり登場人物の影響か、どうも地味な印象にもなります。

・終盤では復讐という点に物語が移り始めますが、どうもモヤモヤしてしまう要素があります。

・それは、自分自身の視点をどこに置くかで変わるようにも思われ、のめり込みにくい内容が生み出しているところかもしれません。

・決して駄目な作品ではないのですが、地域社会のしきたりを元にソトモノがうけいれられたり、関わり合うというところから描かれる物語です。

・後味が素晴らしいとは言い難いですが、まあ、シレッと流す感じで観られればよいのかもしれません。

www.youtube.com

 

リベンジャー 復讐のドレス [DVD]

リベンジャー 復讐のドレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: DVD
 

 

 

キルトに綴る愛 [DVD]

キルトに綴る愛 [DVD]

 

 

 

さよなら、僕のマンハッタン (字幕版)

さよなら、僕のマンハッタン (字幕版)

  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: Prime Video
 

 

 

とらわれて夏 (字幕版)

とらわれて夏 (字幕版)

  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: Prime Video
 

 

 

愛を読むひと(字幕版)

愛を読むひと(字幕版)

  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: Prime Video
 

 

 

リトル・チルドレン(字幕版)

リトル・チルドレン(字幕版)

  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ホリデイ (字幕版)

ホリデイ (字幕版)

  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: Prime Video
 

 

 

フィフティ・シェイズ・フリード (字幕版)

フィフティ・シェイズ・フリード (字幕版)

  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: Prime Video