ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【今週公開の新作映画】「Mank マンク〔2020〕」が気になる。

f:id:rokukajo:20201120061420j:plain



【監督】デビッド・フィンチャー
【出演】ゲイリー・オールドマンアマンダ・セイフライドチャールズ・ダンス

【あらすじ】1930年代のハリウッド。不朽の名作「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツが、アルコール依存症となりながら、名作の生まれた当時のハリウッドの明暗を描いた作品。

www.netflix.com

 

デヴィッド・フィンチャー監督は、PVやTV演出で評価を得た後、1992年「エイリアン3」で長編映画デビューしています。のちに「セブン」ファイトクラブ」でカルト的人気を獲得し、映画界に新たな風を吹き込んだことで熱狂的ファンが多い監督です。

ゲイリー・オールドマンは、アルコール依存症の父親がおり、幼い頃に家族を捨ててしまっています。俳優を志、1982年『Remembrance』で映画初出演をし、1986年「シドアンドナンシー」で注目されます。徹底した役作りをしていることで知られ、エキセントリックな役柄が多いです。2018年第90回アカデミー賞にて『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー主演男優賞を受賞しています。

・物語は、1930年のハリウッドを舞台に「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツの壮絶な日々を描いたストーリーです。

Netflixオリジナル映画ではありますが、Netflixで2020年12月4日から配信の前に11月20日から、一部の映画館で劇場公開が行われます。

・予告編でもわかるように、モノクロ映画であり、その当時の状況が描かれています。

・そのため、映像的にヒトクセありますが、監督デビッド・フィンチャーの手腕ということもあり、それが魅力にも感じます。

・映画製作の裏話でもあるのですが、当時の制作スタッフの関係性などを調べておくほうがさらに作品を理解できると思います。

デビッド・フィンチャー監督は、ネットフリックスとは、過去にも、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『マインドハンター』で監督をしており、『ラブ、デス&ロボット』では製作総指揮で関わっています。

・モノラルの音声環境にもこだわりがあるようで、センター1chで音声を収録しているそうです。ただし、左右のチャンネルにはその他の音声が収録されているそうです。

・題材となっている「市民ケーン」は、オーソン・ウェルズ監督の作品で、共同脚本家として、主人公ハーマン・ J ・マンキウィッツの役どころとなっています。

・本作は、デビッド・フィンチャー監督の4作目の監督作品となる予定で、1997年「ゲーム」の次の作品として期待されていましたが、モノクロ映画としての製作の希望が監督にあったために企画が頓挫していたそうです。

・その際は、主役は、ケヴィン・スペイシーが担当するところまで決まっていたそうです。

・脚本は、デビッド・フィンチャー監督の父のジャック・フィンチャーとなっています。

・上映時間は、131分で長編となりがちのデビッド・フィンチャー監督作品ですが、本作においては、一般的な上映時間となっています。

 

www.youtube.com

 

・個人的に勝手に思う関連作品

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

rokukajo.hatenablog.jp