ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「退屈な日々にさようならを 〔2016〕」ってなんだ?

f:id:rokukajo:20200411051758j:plain

【監督】今泉力哉
【出演】内堀太郎/松本まりか/矢作優/秋葉美希/りりか/猫目はち/清田智彦/
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 梶原は、映画監督ではありながら、それだけでは生活ができず、様々な仕事を行いながらも徐々に行き詰まりを感じていく。一方、田舎で、父親の仕事を継いだ太郎は、会社を精算する。双子の弟の次郎はとは長い間会っていなかったが、次郎と同棲していた彼女という人から、次郎が失踪したと連絡が入る。

 

 

 

 

今泉力哉監督は、映画専門学校 ENBUゼミナールの職員として、山下敦弘のワークショップアシスタントなどを経験。その傍ら、自主制作映画を作っていましたが、2010年の「たまの映画」で長編デビューをし、『パンとバスと2度目のハツコイ』などさまざまな映画を手掛けています。

松本まりかは、2000年テレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー、『FINAL FANTASY X』のリュック役など声優としても活躍しています。

・ENBUゼミナールによる劇場公開映画製作ワークショップ「CINEMA PROJECT」の第6弾作品として製作されており、第2弾『サッドティー』で監督をした今泉力哉が、再び監督・脚本を担当しています。

・東京と福島が舞台になっていますが、福島パートでは今泉監督の実家を使い、合宿しながらの撮影をしています。

・物語は、主人公の映画監督が、東京と福島を舞台に映画作りをテーマとした群像劇です。

・視点が変わるので、登場人物をしっかりと判別しておく必要があります。

・多少退屈感を感じてしまうのは、長回しっぽい映像スタイルな点から来ており、ストーリーに興味が湧くか湧かないかで、面白さが変わってくるところになります。

・やはり、群像劇ながら、もう少し登場人物のメリハリがあればよかったのかもしれません。

・物語の本筋はありますが、やはり、群像劇という点もあり、本筋を追うというよりも、周囲の動向と反応を観るという視点での鑑賞が良いかと思います。

・まずは、この世界観というか、環境に馴染めるかというところでもありますが、観る人を選ぶというより家は、観る側が選ぶ映画のような作品です。

www.youtube.com

 

退屈な日々にさようならを

退屈な日々にさようならを

  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: Prime Video
 

 

 

退屈な日々にさようならを [DVD]

退屈な日々にさようならを [DVD]

  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: DVD
 

 

 

カメラを止めるな! 【B2変形サイズオリジナルポスター付】

カメラを止めるな! 【B2変形サイズオリジナルポスター付】

  • アーティスト:V.A
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: CD
 

 

 

月刊松本まりか 汀

月刊松本まりか 汀

  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: 大型本