ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【洋画】「自転車泥棒〔1948〕」ってなんだ?

cc49904294d796e02e36e51002efa5f4.jpg
【監督】ヴィットリオ・デ・シーカ
【出演】ランベルト・マジョラーニ
【個人的評価】★★★★★
 
【あらすじ】やっとありついた仕事のため、家財を売って自転車を購入。その自転車で息子と仕事をするのだが、ふとした隙に自転車が盗まれてしまう。そんな親子の物語。
 
 
 
・敗戦国イタリアの戦後のどん底を痛感させるネオレアリズモの秀作
 
・役者はほぼ全員素人です
 
・さて、どんな状況にあっても感銘を受けるであろう作品であると思う。
 
・今ならたかだか自転車だが、当時の自転車と言えばボロでも相当な高級品。
 
・そんな貧困を描いた作品のラストには父親の苦悩と息子の想いが交錯する。
 
・ああ、すばらしい。
 
・ま、父親は情けないのですが、それがまた良い。
 
・ちなみに廉価DVDなら500円で買えます。
 
ユニコーンの曲「自転車泥棒」とは感動の度合いが違います。
 
・なお、自転車泥棒のカッコいいスクリーンセーバーは見当たりませんでした。
 
 

自転車泥棒 [DVD]